アレルギー性血管性紫斑病とは

アレルギー性血管性紫斑病とは、アレルギーによって血管に障害がおよび

腕や足などに紫斑(発疹やアザ)などを主とした症状が現れる病気です。

別名には、『アレルギー性紫斑病』、『血管性紫斑病』、『アナフィラクトイド紫斑病』、『IgA血管炎』、

『シェーンライン・ヘノッホ紫斑病』などと呼ばれることがあります。

発症するのは、多くの場合、4歳~7歳程度の子供に多いものの、乳幼児や10歳を過ぎた子供に発症することもあります。

アレルギー性紫斑病の原因は、いまだにはっきりとした原因は分かっていない病気です。

しかし、さまざまなウイルスや細菌による感染症や食べ物のアレルギー、薬剤などの投与後に発症することが多く

中でも、A郡β溶血性連鎖球菌(GAS)に感染したのちに発症する事が多いようです。

原因は不明なものの、重篤な症状になることは少なく専門医や小児科医の治療を行えば十分に完治する病気です。

アレルギー性紫斑病 症状

アレルギー性紫斑病の症状には、足や殿部、手などを中心に紫斑(アザや発疹)が出現することがもっとも多い症状です。

アザなどの場合には、なかなか治りが悪く、赤黒い色や青紫色のアザが形状も点状のものから不整形なアザ、

発疹の場合には、赤色や赤紫、青紫色の発疹で形状もアザ同様に点状のもので蚊に刺されのような物から不整形な物まで多種にわたります。

紫斑(アザや発疹)以外にも、腹痛や嘔吐、吐き気、浮腫、関節痛などの症状が現れます。

腹痛の場合には激しい腹痛で起き上がっていられない人や歩けるものの経験したことのない腹痛など多くの場合が激しい腹痛のようです。

嘔吐や吐き気の場合には、時期によっては、ウイルスや細菌による風邪や胃腸炎と間違われることもあるようです。

浮腫は、クインケの浮腫と呼ばれ、多くの医師がこの浮腫を見て血管性紫斑病であると判別することもあります。

顔や目元など様々な部分が局所的にむくみます。

関節痛の場合には、足、特に膝の関節の痛みが良く見られるようです。

通常の関節炎とは違い、関節が腫れてしまったり、機能障害や変形などは起こらないようです。

このすべての症状が全ての患者に現れるわけではなく、腹痛や嘔吐から始まり、数週間後に紫斑の出現や

紫斑の出現後、数週間で腹痛や関節痛など症状の現れ方は人それぞれで中には熱が出る人もいるようです。

また、子供の多い病気のため、皮膚科や耳鼻科などでは見逃されてしまうことがあり、

なかなか治らない紫斑や、腹痛、嘔吐の場合には、小児科でしっかり診察をしてもらいましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ