小児喘息 原因

喘息と聞くと、一生付き合わなければならない病気…と思う方が多いようですが、

実は、小児喘息に限っては、約8割程度は、1歳から3歳までに発症しやすいなるという調査結果があるようです。

その、小児喘息の原因は、気管支が何らかの原因で、傷ついたり、腫れたり、たんが気管支に詰まってしまい

空気の通り道になる気管支の通りが狭くなってしまう病気になります。

風邪でも似たような症状になることがあるかもしれませんが、大きな違いは、咳が長い期間続き

呼吸をするたびに『ゼイゼイ』や『ヒューヒュー』などの胸の音(喘鳴・ぜんめい)がして症状が重くなると呼吸困難になる発作を繰り返す病気を喘息と呼びます。

また、風邪の場合には、ウイルスや細菌が原因で、咳などが出ますが、喘息の場合には、多くがアレルギーが元で発作が起きます。

原因になるアレルギー(抗原)には、空気と一緒に吸い込みやすい物がアレルゲン(アレルギーの原因)になります。

代表的なものには、ホコリやダニ、カビ、ケットの毛や花粉などが原因になることが多いです。

また、喘息の持病のある子どもの場合には、気管支が敏感になっているので、ちょっとした刺激でも発作などにつながります。

例えば、冷たい空気やお線香の煙、花火の煙や、タバコの煙などで先ほど上げたアレルゲン以外にも喘息の発作の原因になることが多くあります。

さらに、低気圧などの気圧の変化に弱い子も多く、台風の接近や、低気圧の接近、新幹線や飛行機などの乗り物に乗っただけでも発作を誘発することがあるようです。

喘息 治療方法

喘息かな?と思ったらまずは、自己判断せず、医師の診察をしっかり受けましょう。

特に、喘息の初期の場合には、気管支の傷がひどくなく、治療も短期間で済むことが多いです。

中には、なかなか喘息と診断したがらない医師もいると聞くことがあるので、咳が長引くようならセカンドオピニオンなども視野に治療を行ってください。

まず、喘息と診断されたら、アレルゲンはなんなのか確認をする必要があります。

アレルゲンを調べるには、血液検査でアレルゲンを調べることができます。

例えば、今までの生活でアレルギーがあるかもっと疑問に思った食材や吸入性アレルゲンなど様々な物が調べる事ができるので、気になっていた物は調べてもらいましょう。

血液検査の結果、アレルゲンがあれば、アレルギーのレベルによってアレルギーの原因になる物質の除去など対応が決まります。

また、発作の様子によって治療方法が変わってくるので発作の様子は、喘息日記などでしっかり記録し、主治医に伝える必要があります。

症状が軽ければ、喘息の発作を起こさないようの薬の服用などで対応するのみの場合もありますが、症状が重くなると自宅に吸入器を購入し

医師から処方された吸入薬で自宅で吸入を行うなどの治療方法もあります。

現在の喘息の治療の多くは、喘息発作を起こさせない為の治療が主になります。

もちろん、発作の最中には、病院で吸入や点滴治療、酷い場合には、ステロイドなどの投薬で対処を行うこともあります。

喘息の治療で最も大切なことは、喘息発作を起きないような環境作りと、発作の頻度、内容の観察、医師への伝達になります。

喘息以外の病気でもそうですうが、人それぞれ症状が違うので、その子にあった治療方法を大人が選んであげる必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ