おしり ニキビ

ニキビは、顔にしかできない…なんてことはありません。

お腹や背中、皮脂腺がある場所にはニキビができてしまうんです。

そのため、お尻にも皮脂腺がありますので、ニキビはできてしまうんです。

ニキビが顔にできる原因は、皮脂分泌が過剰に起こりその結果毛穴がつまり、その周辺にアクネ菌が

増殖することでニキビができてしまいます。

では、なぜお尻にニキビができるのでしょうか?

お尻はそれほど皮脂分泌は多くないものの、実は座っている間はお尻が体重のほとんどを支えているため

肌への刺激が強く、角質化してしまうんです。

そのため、角質が固くなることでお尻の皮膚の毛穴をふさいでしまい、アクネ菌が増殖する原因になります。

また、洋服を重ね着しやすい部位でもあるため、ムレやすく、他の部分と比べて清潔に保つことが難しい場所でもあるのです。

ニキビに似た『粉瘤』

お尻まわりにできるニキビで注意が必要なニキビがあります。

『粉瘤』と呼ばれ、ニキビではなく良性の腫瘍になります。

腫瘍と聞くとビックリする方もいるでしょうが、粉瘤は、ありふれた皮膚疾患の一つです。

粉瘤ができる原因は、外傷が原因でできる場合がありますが、ほとんどの場合原因が分からないまま粉瘤ができます。

何らかの原因で、皮膚の内側に角質物質ができ蓄積してしまうのが粉瘤です。

粉瘤は、小さな粉瘤の場合は、白色や肌色などですが、大きくなると黄色や黒色、青色などの色で様々な色に変化する特徴があります。

ほとんどの場合、痛みなどもなく小さなシコリができる程度ですが、細菌が感染すると痛みや赤みがでてきます。

素人では見分けのつかないものでも、皮膚科の医師が見れば、ニキビなのか、粉瘤なのか診断が出せるのでニキビかな?っと思ったらまずは病院で診察を受けることをオススメします。

ニキビ 治療

お尻周りにできてしまったニキビは、つぶれてしまうととても痛く、椅子に座るのも苦痛に感じます。

ニキビを簡単に治療をしたいと思う方は少なくないと思います。

昔は、ニキビができると、オロナインをニキビに塗って治していました。

しかし、赤ニキビには効果があるものの、単純に毛穴が詰まった初期段階の白ニキビや皮膚が酸化してできる黒ニキビには効果がりません。

ニキビの治療で病院には行きたくないや、簡単に安価にニキビの治療をしたいと考えている方にお勧めの市販薬は、『医療用成分』が配合されている『スイッチOTC』と言われる薬がオススメです。

『スイッチOTC』は、以前は、病院や薬局で処方していた薬が市販薬として販売が開始された薬なので、通常の薬よりも効果が期待できます。

しかし、市販薬の中では強い薬になるのでアレルギーなどがある場合にはドラッグストアーなどに勤務している薬剤師に副作用などの確認をしましょう。

ドラッグストアーで購入した市販薬でなかなかニキビが治らない場合には、皮膚科で診察を受けることが大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ