睡眠障害 原因

睡眠は人間も動物も健康に毎日を過ごすために必要不可欠で重要です。

体や心の疲れを取るだけでなく、脳に記憶を定着させるためだったり、

体の中の免疫力を強くするためにも睡眠はとても大切です。

それだけ大切な睡眠ですが、大切な睡眠だからこそ、なかなか寝付けない時や時期があると睡眠が悩みになりより眠れなくなってしまうことも…

そのような睡眠が毎日のように取れなくなってしまうことを、『睡眠障害』と呼びます。

睡眠障害には、『不眠症』などとも呼ばれますが、なかなか寝付けない、睡眠がとれないことを全てを『不眠症』とは呼びません。

睡眠障害や不眠症の原因には、生活環境の変化や、精神的または身体的な病気などからくる不眠、

医師から処方された、または、市販で販売されている薬が原因の不眠など様々な原因が考えられます。

厚生労働省の調査によると、一般成人の21%もの人が睡眠について悩んでいて、そのうち、約15%が日中眠気を自覚しているという調査結果があるようです。

一般成人の5人に1人がなんらかの睡眠の悩みや、日中の眠気などを自覚しているという事実です。

原因は、人それぞれ様々ですが、睡眠障害や不眠症などを患うと日常生活の中でも危険なことがあります。

仕事で車やトラックを運転する人の場合は、事故、電車や飛行機を操縦する人では、たった1度のミスで仕事を失うこともあります。

また、睡眠障害や、不眠症が原因で、うつ病を患う人もいるようです。

睡眠について不安があったり、悩んでいる場合には、迷わずに専門医や、近くのかかりつけ医に相談をしてみてはいかがでしょうか?

睡眠障害 対処方法

睡眠障害は、多くの場合、なかなか寝付けないなどのことから医師の元を受診する方が多いようですが、

なかには、日中、無意識のうちに眠ってしまう病気や、睡眠中のイビキ、無呼吸、異常行動、異常運動など周りの家族が気づくこともあるようです。

あまりに症状がひどい場合には、イビキや行動の様子を把握するために、録音したりビデオをセットしたりすることもあるようです。

そうすることで、何が原因で睡眠障害なのか判別することが容易になります。

その他にも、足がムズムズしてなかなか寝れない場合には、ムズムズ足症候群と言われる病気の可能性があるので患者自身のわかる範囲での状態も重要になります。

そして、それぞれの対処方法を医師が、それぞれの生活環境に合わせて考えるのですが、単になかなか寝付けないなどの場合には、アイマスクなどを付けてみたり、

快適な湿度・温度に部屋を調節し、落ち着いて横になれる環境作りも大切です。

また、寝るということにとらわれすぎぞ、眠れなくても大丈夫と想うだけでも睡眠が楽にとれる人もいるようです。

そして、とても重要なのは、毎日できるだけ同じ時間に目を覚ますことで体の中の神経を昼と夜をしっかり認識させることも重要です。

朝起きたら、まず朝日をしっかり浴び、夜寝る前は、できるだけ明るすぎない場所でのんびりすることも大切です。

そして、昼寝も1日15分程度のものを15時前までにとることで、脳のリフレッシュにもなり、夜もぐっすり眠れるはずです。

このようなことをしてもなかなか寝付けない、睡眠の途中で起きてしまう日中眠いなどの症状がある場合には医師の診察を受け適切な治療を受けましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ