軟便 原因

軟便とは、通常の便よりも柔らかくなってしまっている便のことを軟便と言います。

また、もっと水分を多くふくんでいて水のような便のことを下痢便と言います。

一般的に、健康的な便は、バナナ状の便が理想的と言われています。

軟便は、さまざまな原因で、軟便になってしまいます。

原因の多くは、食べ物や飲み物が原因になることが多いです。

食あたりでは、賞味期限の切れてしまった食品を食べてしまったり、

調理後時間のたった物を食べたり、生ものや半生の食材特に

(生かき、刺身、生野菜、精肉類、卵)などを食べてしまった。

炎天下の中外に置いておいたお弁当などが食あたりの原因になることがあります。

水あたりでは、旅行などで海外の水道水や難度の高い水を飲んでしまったとき、

水分を多くとりすぎてしまったときや冷たい飲み物を多く飲みすぎてしまったとき、

ビールやお酒類を多く飲みすぎてしまったときに軟便になってしまいます。

消化不良をおこしやすい食品を食べすぎてしまっても軟便になってしまいます。

脂肪の多い食品や糖分の多い食品、揚げ物やお肉などを食べ過ぎてしまうと軟便になります。

また、香辛料の多い食べ物でも軟便の原因になります。

さらに、強いストレスを感じる事が多いと軟便になりやすいです。

また、薬の飲みすぎや副作用でも軟便になることがあります。

さらに、時期ではやるお腹の風邪や病気ではクローン病や潰瘍性大腸炎などの器質的な疾患でも軟便になることがあります。

原因のどれもが、軟便だけでなく下痢になってしまったり、嘔吐をしてしまうことがあります。

乳幼児や高齢者では、下痢の他の合併症で亡くなってしまったり、お腹に入ってしまったウイルスが原因で亡くなることもあります。

乳幼児や高齢者がいる家庭では、十分に便に気を配り、軟便、下痢便になってしまったときには早い治療や対応が必要になることもあります。

軟便 対策

時に、乳幼児や高齢者の命も脅かす軟便や下痢便の対策にはさまざまなことへの注意が必要になります。

生ものは夏の間はできるだけ食べないようにしたり、十分に加熱調理をする。

さらに、加熱調理を行った食材でもできるだけ早めに消費する。

水分も体温に近い温かさの水分をとることが理想ですが、冷たい飲み物は飲みすぎない。

海外では、水道水からはお水を飲まないや、難度の高い飲み物は摂取しないようにする。

また、ビールやお酒類の飲みすぎや香辛料の多い料理の食べ過ぎも注意が必要です。

病気や風邪、ウイルスが原因の場合にはいち早い治療が大切になります。

しかし、ウイルスが原因の場合にはウイルスを殺す薬はないので、対処療法しかできません。

対処療法は、水分補給を十分に行うことがもっとも大切になります。

高齢者や乳幼児は脱水症状になりやすいので特に注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ