いびき 原因

いびきは、寝ている間にかくもので、いびきをしている人は眠っているので気づかないことが多いです。

しかし、隣で眠っている人や周りの人には、酷い迷惑であることもあるんです。

いびきが原因で、周りの人が睡眠障害になってしまうこともあります。

しかし、いびきが最も恐ろしいのは、いびきをかいている人本人の生命も脅かす危険のあるものであることもあると言う事です。

中には、命には危機の無いいびきもあるので、いびきの原因を知り、自分のいびきが病気などからなるものなのか、生命の危機にあるのか知る必要があります。

いびきで最も多いのは、風邪を引いてしまったときなどに、鼻が詰まりいびきをかいてしまう事があるようです。

他には、蓄膿症のような鼻や喉の病気でも、いびきが出てしまう事があります。

この場合には、鼻の治療を行ったり、薬を飲んだりすれば、十分改善する事があります。

しかし、恐ろしいのは、肥満や高血圧、糖尿病などの病気でいびきが出てしまっている場合です。

このような場合で特に多いのは、『睡眠時無呼吸症候群』っと言われるいびきの種類です。

このいびきは、読んで字のごとく、睡眠時に呼吸が止まってしまう症状です。

長い人では、睡眠時に、呼吸が1分程度も止まってしまう事もあるものです。

自分のいびきの原因を知り、睡眠中の呼吸など、そばにいる人に聞く事も大切になります。

肥満 病気

肥満でも、全ての人が病気になるわけではありません。

しかし、様々な病気のリスクは高まるので注意が必要になるのです。

肥満が原因で『内臓脂肪型肥満』になると、様々な生活習慣病を引き起こす事があります。

肥満が原因で引き起こされる病気で一般的に良く知られているのが、『高血圧』『糖尿病』『高脂血症』『動脈硬化』などが良く知られています。

どの病気も恐ろしい病気で、治療を行わないと、死亡してしまうこともあり、大変危険です。

特に、日本人の死因の2位、3位をしめる動脈硬化は、起きる場所によって、様々な病気を引き起こします。

脳でおきると、『脳梗塞』『脳出血』『くも膜下血腫』『脳卒中』などの病気を引き起こします。

死蔵におきると、『狭心症』『心筋梗塞』などの病気を引き起こします。

他にも、脂肪肝や、痛風、変形性関節炎などの原因にもなるので、肥満体質の方は特に注意が必要です。

また、近年問題になっているは、大人の肥満だけではなく、小児肥満も大きな問題になっています。

子供の肥満も、食生活や運動不足なども原因の一部ですが、中には、遺伝で肥満になってしまう子もいるようです。

いびき 睡眠外来

いびきが原因で、まわりの人にうるさい思いをさせてしまったり、睡眠障害に陥らせてしまったり、また自分の命の危険もあるいびき。

いびきの治療には、原因によって様々な治療方法があります。

風邪や鼻の病気蓄膿症の場合には、耳鼻咽喉科や内科などで対処できます。

しかし、そうでない場合、どこの科に行けばいいのか分からない事もあるはずです。

その様な場合には、睡眠外来という科を選択する事をオススメします。

最近では、多くの総合病院などで、導入が始まっている科で、睡眠に関する科なので、安心して受診する事ができると思います。

睡眠外来では、睡眠の妨害になっている原因を探ったり、その治療を行ってくれます。

時には、内科などと連携をとりながら、治療を進めてくれるので少しでも睡眠に自信の無い方は受診する事で予期せぬ病気の発見にもなるかもせれません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ