肥満 原因

昔は、肥満と言うと、欧米のイメージがあり、今でも、欧米では、肥満大国と言われています。

しかし、最近では、日本の食文化も欧米化していて、肥満大国の仲間入りをしてしまっているのです。

なんと、50歳代の男性、40歳代の女性では30%もの人が、肥満であるといわれる調査結果もあるほどです。

肥満の原因としては、摂取カロリーが多い、食べ物のカロリーが高いものを大量に食べてしまうと、代謝で使わなかった分は脂肪として溜め込まれてしまいます。

また、消費カロリが少ないのも問題で、基礎代謝が低すぎると小食でも、余った分は脂肪になってしまいます。

また、ストレスや妊娠などを期に、自律神経のバランスが崩れたり、ホルモンのバランスが崩れる事も肥満の原因になります。

更に、女性に特に多い、慢性型の便秘の場合、多い人では宿便が5キロ以上溜まってしまっている事もあるようです。

様々な原因がありますが、自分の肥満の原因を知る事も大切になります。

肥満 病気

肥満でも、全ての人が病気になるわけではありません。

しかし、様々な病気のリスクは高まるので注意が必要になるのです。

肥満が原因で『内臓脂肪型肥満』になると、様々な生活習慣病を引き起こす事があります。

肥満が原因で引き起こされる病気で一般的に良く知られているのが、『高血圧』『糖尿病』『高脂血症』『動脈硬化』などが良く知られています。

どの病気も恐ろしい病気で、治療を行わないと、死亡してしまうこともあり、大変危険です。

特に、日本人の死因の2位、3位をしめる動脈硬化は、起きる場所によって、様々な病気を引き起こします。

脳でおきると、『脳梗塞』『脳出血』『くも膜下血腫』『脳卒中』などの病気を引き起こします。

死蔵におきると、『狭心症』『心筋梗塞』などの病気を引き起こします。

他にも、脂肪肝や、痛風、変形性関節炎などの原因にもなるので、肥満体質の方は特に注意が必要です。

また、近年問題になっているは、大人の肥満だけではなく、小児肥満も大きな問題になっています。

子供の肥満も、食生活や運動不足なども原因の一部ですが、中には、遺伝で肥満になってしまう子もいるようです。

肥満 対策

肥満の対策をする事で、様々な生活習慣病からの予防ができるのです。

恐ろしい病気や将来の子供達の為にも、肥満対策を行う事はとても大切になります。

昔は自宅でbmiを計測して肥満か肥満でないかを確認するだけの人も少なくなかったでしょう。

しかし、最近では、肥満外来という診療科目が増え、多くの病院で、肥満にたいする対策を行っています。

近年では、エステや脂肪吸引などの他にも、胃を小さくする手術などを行う病院も登場しています。

しかし、そんな事までしたくないという方は、摂取カロリーと消費カロリーをしっかり計算して、摂取カロリーがオーバーしないような生活を心がける必要があります。

また閉経や産後の、ホルモンバランスが崩れてしまった場合などには、病院で治療を行うだけで、肥満が解消する事も十分に考えられます。

肥満症を解消して、美容にも健康にも良い生活を送りたいですね。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ