薬の種類

口内炎とは、口の中の粘膜にできる炎症の事を言います。

口の中の粘膜っと言うと、頬の内側や唇の内側、歯茎や舌にも口内炎はできる事があり、その総称を口内炎と言います。

代表的な口内炎は、表面は白く、周りが赤い円形状などの痛みを伴う潰瘍を『アフタ性口内炎』と言います。

口内炎の多くがこの、『アフタ性口内炎』であることが多いです。

様々な利用で口内炎は出来ますが、原因としては、口の中を誤って噛んでしまったり、体力の低下やビタミン不足でも口内炎は起こる可能性があります。

また、暴飲暴食や免疫力の低下、アレルギーや別の病気のために飲んでいる薬、また病気の症状で口内炎が出る事もあります。

病気で最も有名なのは、『カンジダ性口内炎』や『口内ヘルペス』などが原因で起きることもあります。

普通の口内炎の場合には、1週間から2週間程度で治りますが、病気で口内炎になっている場合には、病気の治療を行う事が大切で、中には、唾液から人にうつるものもあるので注意が必要です。

口内炎 治療

口内炎は、1週間から2週間程度で治るものが多いのですが、なかなか、治らない場合や、口内炎が痛く、飲食も出来ないような場合には、病院の診察が必要になります。

また、最近では、ドラッグストアーなどでも、口内炎を早く治す事のできる塗り薬や軟膏が販売されています。

使用する際には、十分に、薬剤師と相談し、自分の口内炎に合った薬を選び、注意事項をしっかり読んで使用してください。

病院で診察を受ける受けるさいには、多くの場合が、耳鼻咽喉科や口腔外科、歯医者などに診察に行く方が多いかもしれませんが、病院によっては、口内炎の治療を内科で行う場合もあるので、受診前にしっかり確認をしておきましょう。

また、様々な病気で、口内炎がおきてしまっている場合には、原因の病気の治療が大切になります。

病気によっては、食事管理などによって、十分に口内炎を予防する事ができるので、医師と相談しながら、予防を行う事も大切になります。

更に、自宅で、口内炎を予防するには、暴飲暴食をし無い事や、ビタミンを十分に摂る事も大切になります。

口内炎の多くは、口の中に違和感を感じる意外に、口内炎が痛く腫れてしまったりするので、予防をする事で、その様な症状からも解放されます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ