薬の種類

薬の種類と一言で言っても多くの種類があります。

まず、薬の種類を『内服薬』『外用薬』『注射薬』に分けてご説明します。

『内服薬』は、内服薬や内用薬、飲み薬などと呼ばれていて、粉薬や顆粒、カプセル薬、錠剤、液体薬などに分けられます。

『外用薬』は、塗り薬、張り薬、目薬、消毒薬、うがい薬、スプレー薬、座薬などに分けられます。

『注射薬』は、注射薬、点滴などで分けられます。

最後の『注射薬』は、医師の指示の元行う治療行為になるので、ここでの説明は省きます。

また、分類で大きく分類されるのが、『一般用医薬品』、『医療用医薬品』にも分ける事ができます。

『一般用医療薬』は、医師の処方箋が無くても、薬局で購入できる医薬品の事です。

一般用医薬品では、薬剤師に相談無く購入できるものと、薬剤師に症状などを相談して購入しなくてはならないものに分けられていて、一般的には、大衆薬やOTCなどと呼ばれています。

『医療用医薬品』は、医療機関で医師に診察をしてもらい、医師によって決定され、処方される薬のことです。

その為、医師から出される処方箋を薬局などに提出して薬の調合などを行ってもらう必要があります。

また最近では、先発医薬品といわれる、薬の成分が新しく開発され、初めて売り出される薬、一般的にはブランド薬と呼ばれています。

先発医薬品が発売されてから一定の期間が過ぎ、特許が切れた薬は、開発した所以外の会社が同じ成分で薬を売りだす事ができます。

一般的には、ジェネリックと呼ばれ、ジェネリックがある薬を希望する患者さんも増えています。

薬の効能、副作用

薬の効能や副作用は、薬の種類や量によって様々です。 病院で処方された薬の場合には、薬剤師が十分に理解できるまで、しっかりと説明を行ってくれます。

薬の飲み方や、食べてはいけない物、薬と一緒に飲んではいけない物、また服用中の薬との、飲み合わせなども十分に考慮されているのです。

しかし、注意が必要なのが、市販薬で、薬剤師に確認を行えば、副作用や飲み合わせ、食べあわせの悪いもの、服用中の薬などのことも教えてくれるでしょう。

しかし、詳しい事は、薬の中に一緒に入っている、説明書をしっかり読むことが大切になります。

また、体調などの変化によって、薬によって、アレルギーを起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。

副作用が現れた場合には、服用を中止して、医師の診察を受ける事が重要です。

特に、高齢者や子供の場合には、観護する人がしっかりと、副作用などを理解しておく必要があります。

また、薬によっては、国内では販売されておらず、海外から輸入する必要があるものがあります。

最近では、輸入代行を行ってくれる会社も増え、個人輸入をしなくても良くなってきました。

しかし、注意書きが英語で書かれていたりして、全てを理解する事が難しい薬もあるので、特に副作用には注意が必要になります。

様々な薬によって、また量によって、副作用の内容も異なり、服用中の薬との飲み合わせが悪い場合もあります。

また、薬の使用期限にも注意が必要になるので、定期的に薬の入れ替えをする必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ