黄砂とは…

黄砂とは、中国のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠などの黄土高原などから偏西風の風に乗って日本に飛来する現象の事です。

黄砂は、一種の自然現象と考えられていましたが、最近では、人が行う森林伐採や、土地の砂漠化などで、環境問題としても考えられています。

最近の調査では、偏西風に乗って運ばれる黄砂が北太平洋を横断して、北米大陸でも確認される事がわかってきました。

また、黄砂と一緒に、最近話題になったPM2.5という物質など有害な物質が一緒に飛んできたり、黄砂にくっつき、物質が変異し、人体に影響を及ぼす事も懸念されています。

黄砂による健康被害

黄砂は、選択物についたり、黄砂が多く飛んでくる時期には、視界が悪くなったり、車など外に置いておくものが黄砂でかなり汚れてしまったりなどの事もあります。

しかし、特に注意したいのが、黄砂が多い時期には、気管支炎や喘息など、呼吸器系の病気をお持ちの方は、喘息などの症状が悪化してしまったりする事があります。

その日の気象状態によっても、黄砂の飛び方や量などは変わってきます。

また、最近話題になったPM2.5という物質と黄砂がついて更に小さな物質に変化し、大量に吸い込むと、呼吸器系の病気を悪化させたり、呼吸器系の病気になってしまう方も多くいます。

黄砂自体は、粒が大きく、飛んでくると、天気が良くても、暗くなってしまったり、風にのって黄色の砂埃が見えたりします。

しかし、PM2.5のように小さな粒子になってしまうと、目で見えない上に、知らず知らずのうちに、空気と一緒に吸い込んでしまう事があります。

特に、小さな子供や高齢者の場合には、黄砂が多いときには外出を極力控えたり、専用のマスクなどをつけて、空気と一緒に身体に悪い粒子を吸い込まないように注意する必要があります。

黄砂の予報は、地方冶自体や県などのホームページで黄砂の動きや量、情報などを記載している事もあります。

また、日本国でも、環境省などがホームページなどで案内をだしているので、お出かけの際には確認をしましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ