めやに 病気

朝起きたときに、めやにが付いていることは多くの人が経験した事のあることだと思います。

しかし、中には、朝目が開けられないほど、めやにが出てしまう方がいたりするんです。

そんなめやには、目の病気や様々な身体の病気のサインかもしれません。

めやにが出るというと、その多くは、目の病気のサインの事が多いです。

特に多いのが、目が細菌に感染してしまったりする事でなる、モノモライなどで目やにが出る事が多いようです。

また、花粉やホコリなどのアレルギー物質が原因でもめやにが多く出る事があります。

他には、角膜の異常などでも目やにが多く出る事があるので、安易に考えてはいけません。

特に、めやに以外に目の異常つまり、充血や腫れ、目がかすむなどの症状がある場合には自己判断せずに眼科を受診する事が大切です。

めやに 症状

めやにが出る事を症状にもつ病気は様々あります。

上記でもご紹介した目の病気の他にも、目の重大な病気が隠れている可能性もあるんです。

さらに、風邪が原因で目やにが多く出る事もあります。

また、顔面神経麻痺やさらに、様々な病気の合併症でも目やにが多く出る事があります。

目やには、身体の健康状態を見る事のできるものなんです。

最も怖いのは、角膜腫瘍というガンの一種でも目やにが多く出る事があります。

他の病気でも、酷い場合には、視力低下だけでなく視力を永久に失ってしまう可能性もあるので毎日顔を洗う前に目やにや目の状態を確認すると良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ