子供の火傷

大人が少し目を離したときに、乳児や子供が火傷をしてしまう事は、どの家庭でも、起きる可能性があります。

最も多いのが、ストーブを触ってしまったり、蒸気の出る炊飯器や加湿器などの熱い蒸気を触ってしまったり。

また、テーブルの上にならべた食事を触ってしまったりする事で、火傷をしてしまう事があります。

子供の皮膚は大人の皮膚よりも薄いので、大人はたいしたことなくても、子供では大火傷になってしまいます。

火傷の事故は、大人のちょっとした注意で、防ぐ事ができますし、万が一、火傷をしてしまっても、その時の対処方法で、その後の傷跡が残るかなどが決まる事もあるので手当ての方法を覚えておく事は大切な事です。

火傷 応急処置

子供の火傷で最も怖いのは、火傷をしてから、すぐに冷やせば大丈夫な大人とは違い、皮膚が薄い子供の場合には、30分くらいかけて深く火傷が進行してしまうことがあります。

その為、火傷の応急処置で大切な事は、すぐに水などで冷やし、30分ほど、様子を見ながら、冷やし続ける事が大切です。

また、その後皮膚が赤くなっているだけなら、その日は様子を見て、気になるようでしたら、かかりつけ医に相談しに行く事がオススメです。

また、皮膚に水ぶくれが出来てしまっている場合や、火傷の箇所がジュクジュクしている場合には、昼間は皮膚科へ、夜の場合は、夜間救急病院に診察を受けに行きましょう。

更に、皮膚が黒くなってしまっている様な場合には、救急車の要請が必要になります。

子供の事故は大人のちょっとした不注意が招くものです、事故に注意するのはもちろんですが、緊急事態の時の対処方法も十分に理解しておく事が大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ