顎関節症 症状

顎関節症とは、あごに何らかの異常があり様々な症状おきてしまう症状のものです。

顎関節症は、軽いものでは、安静ししていればすぐに治ったりする事も多いのですが、重症のものでは、日常生活も送ることができないものまであります。

軽いものでは、日本人の2人に1人が顎関節症の様な症状をうったえる方がいます。

顎関節症の症状には、あごの痛み、あごが鳴る、口が開けずらい、閉めずらいといった症状があります。 最近では、顎関節症を発症する人は、20代から30代の女性に多く、食生活が原因ではないかとも言われているようです。

顎関節症の原因は、様々ですが、良くかみ合わせが原因であると言われていますが、実際には他にも様々な原因があります。

良く多いのは、日常生活で知らず知らずのうちに食いしばっていたり、寝ている間のはぎしりなども原因になります。

また、歯医者などで、長い間口を開けていたりする事や最近の食生活が原因とも言われています。

顎関節症 治療

酷い症状になると、日常生活が送れないどころか、好きな物も食べられなくなってしまう恐ろしい症状の顎関節症。

そんな顎関節症を治すには、症状によって様々な方法をとります。

日常生活を改善するだけで症状が治る人もいますし、痛みを和らげるために、痛い部分を温めたり、冷やしたりする方法を取る事もあります。

また、なかなか顎が動かない方の為には、リハビリの様に、顎を適切に動かすようにするだけで、治る事もあります。

更に酷くなると、薬物治療で、顎周辺の炎症をとめる薬を飲んだり、筋肉が固まってしまっている場合には、筋弛緩剤を使用する事あります。

また、上記の様な治療で症状が改善せず、関節内で関節円板と骨の癒着がある場合にそれをはがす「関節鏡手術」を行う事もあります。

治療にはまず、歯医者でレントゲンをとるなどの検査が行われ、手術などが必要な場合には、手術のできる病院を紹介されます。

また、あごの歪みを治すために、顔にコルセットの様なものを巻くこともあるので、自分の症状に合った治療法方が大切になります。

また、これ以外にも、あごが外れてしまうこともあるので、痛みが出た場合には早急に歯医者で治療を行う事が大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ