ささくれ 原因

ささくれは、爪の周りの皮が切れてしまったり剥けてしまう状態の事を指します。

多くの方が、ささくれに悩んでいたり、ささくれしてしまった部分が赤く腫れ、痛い思いをしてしまっている方も少なくないと思います。

昔は、ささくれが出来ると、『親不孝物』っと言われていましたが、本当のささくれの原因は…

特に、家事を多くこなす事の多い主婦の方の場合は、手の油分の不足などが原因の事があります。

また、乾燥している時期だと、乾燥が原因でささくれが出来る事があります。

どちらも、時期的なものであったり、しっかりと油分を補給する事で、改善したり、ささくれができない様にする事もできます。

しかし、それでも、治らない場合やぶり返してしまう場合には、栄養が十分に足りていない事が原因の事もあります。

急激なダイエットなどで、栄養素が不足してしまうと、ささくれが出来やすくなってしまいます。

爪を見る事で、身体の健康状態がわかるとも言われます。

十分の栄養状況などを確認し、特に、ビタミンやミネラルなど、バランスの良い食事が大切になります。

ささくれ 治療と予防方法

ささくれの治療で、多くの方が、ささくれで切れてしまった皮膚を引っ張ってしまうという方もいるかもしれません。

すると、特に家事を行う方は、傷口からばい菌が入って、傷口がズキズキと傷んだり、腫れてしまうだけでなく、その菌が、食事などにうつり、胃腸炎の原因になってしまうこともあります。

そこで、料理をする方は、傷口に絆創膏を張ったりする事も大切で、めくれてしまった皮は、爪きりやハサミなどで切る事をオススメします。

また、保湿クリームやハンドクリームなどを塗り、寝るときには、保湿性の高い手袋などをつける事も大切です。

また、食事でもサポートをするために、栄養のバランスよく、摂取し、特にビタミン類は多く摂取するようにしましょう。

そして、ささくれの予防に大切なのは、しっかりとした睡眠と栄養摂取、また、乾燥を防ぎ、水仕事の後には、油分を補給できる保湿クリームやハンドクリームなどを塗ることです。

予防を行うだけで、きれいな手で、生活する事ができるので、是非オススメします!

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ