虫歯 治療

虫歯とは、ミュータンスと言う細菌が口の中で出す酸により、歯が溶かされてしまい、歯に穴が開いてしまう状態の事を虫歯と言います。

口の中で繁殖するミュータンスが繁殖し、知らず知らずのうちに歯が溶かされてしまうので、初期の段階ではなかなか気づかないことが多いです。

虫歯は、歯周病と同じ、感染症と位置づけられていて、ほおっておくと、様々な症状が現れ、最悪の場合、死に至る事もある恐ろしい病気なのです。

そんな虫歯の治療には、段階によって様々な治療方法があります。

初期の状態では、治療はせずに、適切な歯磨きなどをする事で、進行を防ぐ事ができるんです。

初期よりは、症状が進んでしまっている場合には、穴が開いてしまった部分を削り、そこに人工の歯(クラウン)というものを被せます。

ここまでくると、顔や歯茎、歯などに痛みが現れる事もあり、酷い場合には、顔がはれ上がってしまう事もあります。

この状態を属に言う、銀歯がある状態ですが、最近では、白いもので、通常の歯と見分けが付けられないようにできるものもあります。

更に症状を放置すると、歯を抜歯し、更に、その下にある神経を抜かなくてはならない事もあります。

この状態になってしまうと、手術をする必要があり、料金も時間もかさんでしまう事が多いです。

更に、進行してしまうと、全ての歯を抜歯する必要が出てきたりするので、総入れ歯になってしまう事もあるんです。

時間が無いからと、歯磨きをおろそかにしていると、このような状況になる事もあるので、毎日の適切な歯磨きがどれだけ大切かが分かります。

とくに子供の場合には、大人が仕上げ磨きをしてあげる事で、虫歯から大切な歯を守る事ができます。

虫歯 予防

虫歯を予防するには、毎日の適切な歯磨きが大切になります。

この歯磨きは、日中忙しい人でも夜眠る前のしっかりとした歯磨きで十分虫歯を予防する事ができます。

夜歯磨きをすると良い理由には、初期の段階の虫歯の場合、唾液で症状の進行を防ぐ事もできるし、夜の間、口の中で繁殖する細菌を減らす事ができます。

この時の適切な歯磨きとは、しっかりと、歯を磨く他に歯並びが悪い部分はより細かく、歯ブラシで足りない場合には糸ようじなどを使ったり、液体のものを使っておく事もよいです。

更に、間食が多いと、初期のうちの虫歯の対処に、唾液が追いつか無い事もあるのでダラダラ食べる事は避けたほうが良いです。

また、半年に一度、歯垢を取ったり、虫歯菌から歯を守る処置をしてもらうために、歯医者にかよう事も大切です。

歯周病の予防にも繋がるので、歯医者で個人個人の適切な歯磨きの仕方を教えてもらう事も良い方法ですし、虫歯の早期発見で、歯を抜歯しなくてはならない状態を回避する事ができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ