膀胱炎の症状

膀胱炎は、女性なら誰でも一度は聞いたことのある病気だと思います。

なぜ女性のほうが聞く機会が多いのかというと、男性よりも女性のほうが膀胱炎になる確率が高いからです。

どうして女性の方が、膀胱炎になる確率が高いかというと、男性よりも女性の尿道は、短く、細菌やウイルスが進入してしまう事が多いからです。

そんな膀胱炎の症状には、初期の症状の場合には、トイレに行く回数がいつもより増えたり、なんだか尿が濃い色をしている事から始まります。

次の症状には、残尿感という、トイレにいって排尿しても、まだトイレにすぐに行きたくなってしまう症状です。

また、次に、尿をした後やしている最中に傷みがあったり、血が混じる事もあります。

酷くなると、尿そのものが赤くなってしまうこともあり、ほっておくと膀胱炎から腎盂腎炎や腎臓への感染が起こる場合があります。

膀胱炎だからと甘くみていると、恐ろしい病気に進行したり、トイレから出る事ができなくなってしまう事もあり、人によっては、何度も膀胱炎を繰り返してしまう人もいるのです。

膀胱炎の治療方法と予防方法

膀胱炎の治療にはいくつかの段階があります。

それほど、症状が酷くない人には、薬などは使わず、いつもよりも多くの水分を採るようにして、膀胱に入ってしまった菌を外に出すという方法です。

また、漢方薬などで、頻尿症状を落ち着かせる事もできます。

しかし、自己判断はせずに、病院で診察を受けて、しっかりとした治療方針を決める事が大切になります。

また、症状が進行してくると、残尿感や、排尿時痛で日常生活を送ることができない方もいるはずです。

その様な場合には、抗生物質が処方されるので、医師の指示通りに薬を飲みきることが大切です。

また、それと合わせて、膀胱に入った菌を外に出すために、多くの水分摂取が大切になります。

症状があまり進行していなくても、病院に行くと、抗生物質を処方されますが、この場合も、しっかりと医師の指示通りに薬を飲みきることが大切です。

抗生物質を飲む事で、症状がすぐに良くなることがほとんだと思いますが、何度も膀胱炎になる事を防ぐ為に、予防が大切になります。

膀胱炎の予防方法は、治療方法と同じく、水分を多くとって、トイレを我慢しないことや、冷房などで足を冷やしすぎない事などが予防方法になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ