赤ちゃんの目やに

朝起きると目やにが顔についている言う事は誰でも経験した事のあろ事だと思います。

しかし、大人でも目やにの量や色などによっては、目の、また風邪などの病気のサインであることがあります。

それは、赤ちゃんも同じで、目やにの状態によっては、病気のサインの事があります。

その為、朝、赤ちゃんの顔を洗ったり顔を拭いてあげたりする人は、赤ちゃんの目やにの状態について観察してあげる必要があります。

なかには、大人にもうつってしまう、目の病気である場合もあるので、目やにを取り除いたら必ず手を洗う事をオススメします。

また、いつもと違う目やにが出ている場合には、早めの医師の診察を受けることが大切です。

赤ちゃんの目の病気

赤ちゃんがかかる目の病気には、大人と同じく多くの病気にかかります。

目やにがいつもより増え、目やまぶたが赤く腫れあがったしまったりする『モノモライ』である事も。

また、目が充血してしまう『結膜炎』になる事も、また、視力も様々な病気によって下がってしまうこともあります。

その為、乳児の場合には、市町村で行われる乳児検診などで、目の病気を発見出来る事もあるので、積極的に参加する事が大切です。

また、ある程度の年令になると、自分の言葉で目の症状や異常を話してくれることもあるでしょう。

症状が酷くならないうちに、病院でしっかりと検査を受ける事が大切です。

特に、目の前のものが見えないや、常識的範囲で見る事ができるものが見えていないような場合。

更に、室内にいるのに、目がまぶしいと言ったり、目の中が痛いなど……

様々な症状がありますが、絶対に大切な事は、子供のうちは、どんなに目が腫れてしまっても、眼帯を付けてしまうと視力低下の原因になるので、眼帯は付けないことが大切です。

また、病院でもらう点眼薬も、赤ちゃんには指しずこともあります。

しかし、大切な薬ですので、必ず医師の指示どうりに点眼薬を使う事も大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ