疲れ目

疲れ目とは、目が疲れてしまうもので、様々な場面で疲れ目になってしまいます。

特に、メガネをかけていたり、コンタクトレンズを付けていたり…

また、長時間細かい文字を読んでいたり、テレビや映画などを見続けていても疲れ目になります。

また、最近では、パソコン作業で疲れ目をうったえる方が増えています。

つまり、目を使いすぎていると、疲れ目になってしまうようです。

疲れ目の「症状には、目が乾燥し、チクチクと痛む事もあります。

充血して、涙がいつもより多く出てくる事もあり、目がかすみ、視力が落ちたように感じる事もあります。

さらに、疲れ目の場合は、一晩寝たり、疲れ目を解消する方法を行えば、治る事もありますが、常に、このような症状がある場合には目に疲労が溜まっている眼精疲労になっていることもあります。

そして、目の乾燥も、寝ても治らない場合には、ドライアイになっていることもあるので、寝たり、疲れ目解消の様々な方法で改善しない場合には、病院で受診したほうが良いでしょう。

疲れ目 解消

疲れ目の解消には、症状に合わせて、行う事が大切です。

目に充血予防や乾燥している状態を解消するために目薬を使われる方も多くいますが、体調や服用中の薬との兼ね合いもあるので必ず、薬剤師などと相談して使用してください。

自宅で簡単に疲れ目を解消するには、長時間細かい文字を見ないようにしたり、pc作業を1日行わないなどすれば解消する事もあります。

しかし、仕事をしているとそうも行きません。

そんなときには、ショボショボしている目の場合には、蒸しタオルを焼けどしない程度の温かさで、目に乗せるとなおることもあります。

なかなか蒸しタオルが準備できない方の為に、市販で目を温めるアイマスクも販売されているので利用してみて下さい。

また充血してしまっている場合には、冷たいタオルで目の周りを冷やすと良いです。

更に、目の周りには多くのツボがあり、このツボを押す事で疲れが解消する事もあります。

ツボを押して疲れを解消するには、目の周り以外にも、首の後ろや手の親指と人差し指の間にもツボがあるので、ここを押しても効果があります。

一番は、目に負担のがかからないように、少しパソコン作業をしたら休む事が大切で、ただ休むだけでも、疲れ目を予防する事ができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ