ロタウイルスとは…

ロタウイルスは、『レオウイルス科』の一種のウイルスと言われ、特に、冬の後半の頃に感染する事の多いウイルスです。

ノロウイルスが、冬の前半に感染する事が多いので、0歳から2歳程度までの乳幼児の場合、一度の冬で何度もこのようなウイルスに感染してしまう事も少なくありません。

世界では、毎年70万人もの人が、ロタウイルスで死亡していると言われる恐ろしい病気なのです。

中には、痙攣や髄膜炎、脳炎などを起こしてしまう事もあるので、特に、乳幼児や高齢者の感染者には十分に気を配る必要があります。

世界では、毎年70万人もの人が、ロタウイルスで死亡していると言われる恐ろしい病気なのです。

ロタウイルスの潜伏期間は、24時間から72時間で、1日から3日程度の潜伏期間があります。

ロタウイルスの症状

ロタウイルスの症状は、激しい嘔吐や下痢、発熱などを起こす場合もあります。

嘔吐は、1度だけの場合や1日続く事もあり、下痢は、3日から1週間程度続く場合もあります。

発熱は、一般的には、1日か2日程度で下がるようですが、痙攣を起こしてしまう方もいるので注意が必要です。

このように激しい嘔吐や下痢を繰り返す事で、特に、乳幼児の場合は、脱水状態に陥ってしまう事もあるので、十分な水分補給が大切になります。

小学生程度まで成長した子供や、大人の場合には感染しても無症状の事も多いようです。

ロタウイルス予防方法

ロタウイルスの予防方法で、日常的に行える方法としては、食事前やトイレ、帰宅時などに石鹸を使ってしっかり手を洗い、うがいをする事が重要な予防方法です。

また、食器や調理道具などは、十分に煮沸消毒を行う事も大切な予防方法になります。

万が一、ロタウイルスに家族が感染してしまった場合、嘔吐物などの処理方法をしっかり行えば2次感染を防ぐ事ができます。

嘔吐物を処理する場合には、使い捨ての手袋やマスクを着用し、素手で処理を行わないようにする必要があります。

ある程度、症状が落ち着いてもウイルスが汚物の中に含まれていることがあるので、上記の様な方法で処理する事が望ましいです。

また、絨毯などに嘔吐してしまった場合には、処理後に、市販の塩素系漂白剤(通常は5から10%次亜塩素酸ナトリウム)なら50倍から100倍に薄めて雑巾などを付け、固く絞ってからしっかりと汚れてしまった部分をふきます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ