若年性認知症とは…

若年性認知症とは、18歳以上で65歳未満の方が発症する認知症の総称の事で、逆に65歳以上の方の認知症のことを老人性認知症と言われます。

若年性認知症の患者は、厚生労働省の調査結果でわかっているだけで3万7800人もの患者がいるといわれています。

しかし、若年性認知症の症状があるものの、病院などにかかっていない方も含めるとこの数倍の人数が若年性認知症ではないかと言われています。

また、若年性認知症は、うつ病と間違われる事も多く、特に若い方には、若年性認知症の診断ではなく、うつ病の診断が出される事が多い様です。

原因の一つには、生活習慣病などが原因の若年性認知症である事もある為、安易にうつ病と診断せず、しっかりとした検査を受ける事で、別の病気の発見もできる事があります。

若年性認知症の原因

若年性認知症の主な原因は、『アルツハイマー病』であることが多いですが、中には、『頭部外傷』、『脳の萎縮』、『遺伝など』、『脳の中の血流の乱れ』などが原因で起こることもあります。

『頭部外傷』の場合には、派手に転び、頭をぶつけたや、交通事故などで頭を強く打った事などが原因でなる事があります。

頭部を強打後、すぐに症状は現れず、忘れた頃に少しずつ症状が現れたり、事故後、直ぐに人格が変わってしまったりする様です。

『脳の萎縮』が原因の場合には、その多くが女性に発症者が多く、若いぶん、脳の萎縮スピードも速い事が知られています。

また、『脳の萎縮』っと聞くと、高齢者に多いイメージをもたれる方も多い様ですが、実は、元々は若年性の病気で、高齢者の急増と老人性痴呆症の増加でこのことを知る人は少なくなっています。

『遺伝』が原因の場合には、その多くは、遺伝が原因では無い事もありますが、親戚の多くに、若年性痴呆症の患者が多いなどの事が分かれば、遺伝子検査で痴呆症の大方の予想は付けられるようです。

その為、大学病院などにある『物忘れ外来』などで、遺伝子検査を行う方もいるようです。

『脳の血流の乱れ』が原因の場合は、脳の中の何らかの病気が原因でなる事が多くあります。

その多くは、『脳梗塞』などの生活習慣病などが原因のものと、『脳腫瘍』等が原因のものに分けられます。

特に、『脳の血流の乱れ』が原因の場合には、この病気の治療を行う事で、痴呆も改善する事もあり、命にも関わる大きな病気であることが多い為、症状が見られる前から、人間ドッグなどで検査をしておく事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ