結膜炎の症状と原因

結膜炎とは、目の結膜にできてしまう炎症の事で、急性のものと慢性化したものとで分けられます。

結膜炎になってしまう原因ですが、結膜炎は大きく分けて、『細菌性』と『ウイルス性』、『アレルギー性』のものに分けられています。

『細菌性結膜炎』の場合、様々な細菌によって結膜が炎症を起こしてしまう事で、おこるものです。

『ウイルス性結膜炎』の場合は、様々なウイルスが原因で発症するものですが、細菌性結膜炎との違いは感染する可能性があることです。

中でも、特に感染力が強いものが、『流行性角結膜炎』『咽頭結膜熱』『急性出血結膜炎』と種類があります。

『アレルギー性結膜炎』の場合は、様々な原因のアレルギー物質で起こる結膜炎です。

結膜炎の症状は、結膜の充血や、目のかゆみ、目の痛み、いつもより量の多い目やに、目の中の異物感などの症状があります。

涙目になることが増えたり、症状が重くなると、リンパ節が腫れてしまうこともあります。

また、細菌性結膜炎の場合、症状が出てもそのままにしておくと、失明の原因になってしまうことがあるので、甘くみず、早期に治療をする事が大切です。

結膜炎の治療方法

結膜炎の治療方法は、その原因によって治療方法多少違うものの、細菌性の結膜炎の場合には、細菌を死滅させる為に、多くの細菌に効果のある『抗生剤』の点眼薬などを使います。

しかし、細菌も様々な種類があり、耐性菌もあるので、薬の選択はとても大切になります。

ウイルス性の結膜炎の場合には、ステロイド剤や細菌の混合感染を防ぐ抗生剤などの点眼薬が処方されます。

しかし、ウイルスを死滅させる薬は無い為、感染している方と同じ、タオルを使うなどを行わない様にし、ウイルスを広めないようにしましょう。

アレルギー性の結膜炎の場合には、アレルギー症状を抑える、非ステロイド性の抗アレルギー薬や消炎薬などを使う事が多いです。

どの薬も処方されてさいには、医師や薬剤師に副作用や目薬のさし方などを聞いておく事も大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ