花粉症の原因

花粉症とは、植物の花粉による、アレルギー症状の一種で、日本人の約25%以上が、花粉症を患っているといわれています。

代表的な植物では、『スギ』や『ヒノキ』、『ブタクサ』などの植物の花粉が原因となって、アレルギー症状を起こす病気で、季節性のアレルギー性鼻炎とも言われています。

一般的に、春ごろから飛散する、『スギの木』の花粉での花粉症症状を訴える方が多い様ですが、中には、季節をとわず常に何らかのアレルギーが原因で常に鼻炎で悩まされている方もいます。

花粉症の原因になる植物は、日本では約60種類あるといわれていて、主なアレルゲンの中には『スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカバ』などがあります。

花粉症の症状

花粉症の症状は、鼻の症状で、くしゃみが連発する、鼻水が止まらない、夜も眠れない程の酷い鼻づまり

目の症状では、目がかゆい、涙が止まらない、目が充血している

その他の症状には、ボーっとする事が増えた、それほど辛くない頭痛がする、微熱がある

などの症状が現れる事がありますが、上記の全ての症状が現れる事が無かったり、肌まで赤くなってしまい痒くなってしまう人もいたりと、様々です。

花粉症を治す

花粉症の症状を治すには、病院に行って、薬局で、自然治癒でと、様々な治し方があります。

その中でも、最近では、病院でレーザー治療を受ける人が増えたり、花粉の時期前に予防接種を受けておくことで、花粉症の症状を和らげたりする事もできます。

その他の、アレルギー症状を抑える、抗ヒスタミン薬などは、一時的な症状の緩和しかできず、体調によっては、副作用で眠気が出てしまう事もあります。

治療には、自己判断はせず、耳鼻科などの医師と十分にそうだんし、どの様な治療方法が一番合うか、相談する事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ