突発性発疹 症状

突発性発疹とは、小児バラ疹とも呼ばれる、良性の急性の伝染病の事で、多くが、生後3ヶ月の乳児から1歳程度に感染する事が多く、初めての発熱、発疹は、突発性発疹であることが多いです。

突発性発疹の原因は、ヒトヘルペスウイスル6と言われています。

ほとんど全ての人が持っているウイルスで、大人から子供に感染する事が多いです。

ウイルスに感染すると、10日間程度の潜伏期間を経て、39℃~40℃近い高熱が出る事が特徴です。

この高熱は、発熱から4日程度で平熱に戻りますが、高熱を出している子供が、元気で、水分を十分に取れていれば、問題はありません。

しかし、高熱のせいで、なかなか眠らなかったり、すぐに起きてしまう、嘔吐や、食欲不振、けいれんなどを起こしてしまう事もあります。

この症状の他にも、鼻水が出たりする為、普通の風邪と診断されてしまう事もありますが、突発性発疹の場合には、発熱から4日程度経過すると、平熱に戻ります。

その後、体中や顔などに、赤い発疹がでてきて始めて、突発性発疹であると、診断される事も多くあります。

この発疹は、早い子供で、2日、遅い子供で、1週間程度、発疹が出る事があり、高熱では、元気だったのに、発疹が出だしてから、機嫌が悪いっと言うお子様もいるようです。

突発性発疹 治療方法

突発性発疹の治療方法は、ヒトヘルペスウイルスに効く特効薬はまだ無い為、治療方法はありません。

その為、対処療法を行う事が最も大切になりますが、多くの場合、1歳前にかかることが多い病気ですので、病院によっては、解熱剤さえ処方してもらえ無い事が多いです。

しかし、突発性発疹でも、合併症を起こしてしまう事もあり、別の病気でないとは言えない為、自己判断はせず、まずは医師に相談する事をオススメします。

突発性発疹による、発熱の場合には、4日~5日までには、熱が下がる為、夜もしっかり眠れているようであれば、無理に解熱剤を使う必要はありません。

しかし、睡眠や水分補給が十分に取れていないと、免疫力が落ちてしまうので、必要に応じて、解熱剤など薬を処方してもらいましょう。>

発熱がある間は、水分補給、十分な睡眠を取り、安静にしている事がとても大切になります。

また、発疹が出ても、特に効く薬は無いので、自然に発疹が消えるのを待つ事になります。

しかし、熱性けいれんが起きたり、意識が無くなってしまった場合などには、急いで病院に行く事が大切になります。

日ごろから、主治医を見つけ、休日診療も行ってくれる病院を調べておく事も大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ