小児喘息とは

小児喘息とは、子供の時に発症する喘息を小児喘息と呼び、そのうち、大半が成人までに治ってしまったり、症状が殆ど現れなくなる病気ですが、時折、そんまま、成人喘息に移行してしまうこともあります。

小児喘息は、1歳から3歳くらいがピークで発症する事の多い病気ですが、1歳から2歳程度までは診断が難しく、年長頃にやっと小児喘息である事が診断される事もあります。

小児喘息を診断するうえで、大切な事が、小児喘息を発症する子供の多くが、なんらかのアレルギーを持っている事が多く、食物アレルギーや、花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの症状をお持ちの方が多いのが特徴になっています。

また、小児喘息の特徴としては、昼間は元気で咳はしないのに、夜になると咳が出たり、気候の変動などで、咳だけが出る、風邪が治っても、咳だけ長く続く、ヒューヒュー、ゼーゼーっと音の鳴る呼吸をするなどの特徴があります。

特に、夜しか咳が出ない場合には、カメラなどで、咳の様子を撮影し、主治医に診断してもらう事も大切で、早めに診断をつけてあげる事も大切になりますので、普段の様子などを観察してあげる事が大切になります。

小児喘息の症状

小児喘息の症状には、いくつかの症状があり、風邪や気管支炎などでも同様の症状が出る事がありますので、自己判断はせず、必ず、医師の診察を受ける事が大切です。

その際には、子供の症状によっては、しっかりとした診断が付けられない場合もありますので、症状はできるだけ観察して、いつ頃、どこで、どのような症状が出たのか確認する必要があります。

小児喘息の症状で、特徴的なものには、

『ゼーゼー、ヒューヒューと胸の音が背中や胸に耳を当てると聞こえる、聴診器で聞こえる、何もしていなくっても、この様な音がする』
『横になると苦しそうなことが多い』
『夜から朝にかけて、咳が出る事が多く、夜何度も目が覚めてしまう』
『座ったままでも、肩で息をしている事がある』
『ホコリっぽいところでは、特に苦しそう、咳が出る』
『タンがからむ事がある』
『鎖骨の上やみぞおちの部分をへこませながら呼吸をしている』
『治っても何度も繰り返し同じ症状が出る』
『市販の風邪薬、医師に処方してもらった風邪薬では咳は治らない』
『季節の変わり目、台風などで気圧が変化すると具合が悪くなることが多い』
などの症状が一つでもある場合には、一度、主治医に相談する事をオススメします。

また、小児喘息を発症してしまった子の多くは、別のアレルギー症状がある場合があるので、一緒に調べてもらう事も良いでしょう。

そして、夜しか咳が出ない場合には、夜病院を受診する事はできないので、咳の状態を医師に確認してもらう意味も含めて、ビデオなどで撮影をして咳の状態を確認してもらう事も大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ