てんかんとは…

てんかん(癲癇)とは、てんかん発作と言われるけいれんや意識障害を起こす慢性の脳障害ですが、脳の病気の総称であるてんかんは、てんかんっという一つの病気があるわけではないのです。

脳細胞のネットワークが、過剰に反応してしまう事が原因で様々な症状や、検査結果などが出るのが特徴です。

様々な症状の中には、見ためでは判別する事が困難な一瞬意識を失ってしまう小発作から、突然意識を失ってしまい、倒れたり、痙攣を起こしてしまったりする大発作まで多種多様な症状が現れます。

乳児の頃に起こる痙攣などでは、良性のものが多く、適切な投薬治療を行えば完治できる事が多いのも特徴です。

てんかんは、外傷や脳腫瘍などが原因で脳に損傷が生じた時にも起こる病気ですが、この場合は、適切な治療と投薬が行われれば完治できたり、症状をコントロールする事ができます。

しかし、最近では、てんかんの持病を隠し、運転免許を取得し、薬を飲み忘れてしまい、交通事故を起こしてしまう事が頻繁に起こっています。

悲しい事故を減らす為にも、主治医と、十分に相談してから、運転免許の取得などを行う事が必要な病気です。

てんかんの診断は…

てんかんの診断には、はっきりとした症状だけで、てんかんっと判断するのは難しいので、ほとんどの場合が、脳波検査を行います。

この時、過剰な脳の活動があれば脳波の異常が認められますが、時には、症状はあっても脳波では異常が認められない場合には、何度か脳波検査を受ける必要があります。>

検査では、眠っている状態の脳波と、起きている状態の脳波の両方を記録し、異常がないか確認します。

この時、てんかんの発作があっても、脳波に異常が無く、てんかんの発作が無くても、脳波に異常が見られるっと言ったケースもまれにあるようです。

てんかんの薬と副作用 病院の選び方

てんかんの発作は、しっかり処方された薬を処方していれば、多くの場合、症状が緩和されたり、日常生活を送るのに何の不自由も無い事が多い病気です。

しかし、てんかんの治療には専門の医師や病院で、治療を受ける事が重要っと言われていて、全国には5箇所に、『てんかんの基幹病院』があります。

遠くて通えないっと言う場合には、地方の総合病院などで、神経内科、小児神経科などでも受診が可能ですので、しっかりとした治療をオススメします。>

てんかんには、抗てんかん薬っと言われる薬が処方されますが、薬の副作用には、眠気や頭痛など、薬を大量に飲む事で起こる副作用がありますが、少量から飲み始めれば防ぐ事ができます。

また、アレルギー反応を起こしてしまう事もありますが、この場合には、薬の服用を中止すればほとんどの場合、症状が改善します。

しかし、時には重篤になってしまう場合もあるので、十分体長には気を配り、処方された薬を指示通り薬を飲む必要があります。

また、他の薬との飲み合わせが悪いものもある為、主治医と十分に相談のうえ、市販の薬なども利用する事をオススメします。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ