親知らずとは

親知らずとは、第三大臼歯、知歯とも言われる歯で、一番奥にあり、前から数えれば8番目の歯です。

なぜ、「歯」に親知らずと言う名前が付いている理由は、昔の平均寿命が40代だった事が関連しているようで、親知らずは、20歳前後で生える事が多く、平均寿命が40代の親は、親知らずが生えた頃にはこの世にはいない事が多かった為、親が知らない歯っと言うところから親知らずと言う名前が付いたと言われています。

親知らずは、生えたら抜くものっと言うイメージが強いですが、実は抜歯しなくっても良い場合もあり、親知らずの生え方によって変わってくるようです。

中には、親知らずが生えていた事に気がつかなかったっと言う方もいるほどで、特に問題が無い場合には抜歯する必要は無いんですが、一番奥に生える歯ですので歯ブラシが届きづらかったり、食べ物のカスが、歯茎との間に挟まり、口臭の原因になってしまったりと、様々な問題があった時に抜歯を行う事になる様です。

親知らずの歯磨きがきちんとできていないと、虫歯や歯周病の原因になる事だけではなく、隣の7番目の歯にも、様々な問題で巻き添えになり抜歯が必要になる可能性もある為、親知らずの有無などを確認する為にも、数ヶ月程度に1度は、歯科医を受診する事が大切になります。

親知らず 抜歯したほが良い場合、抜歯しないでよい場合

①歯磨きが上手く出来ない、歯ブラシが置くまでしっかり届いていない
②中途半端に生えてしまって、歯の一部分だけが見えている場合
③横向きや斜めなど、他の歯とは違う生え方をしてしまっている場合
④医師が確認し、レントゲン上なんらかの問題がある場合
⑤歯並びを悪くしてしまう可能性がある場合
など様々な原因で、親知らずを抜歯する原因になりますが、痛みがあったり、親知らずが生えてから口臭が気になっているようになったりする場合にも、抜歯を行った方が良い場合があります。
逆に抜歯をしなくっても良い場合には、
①歯並びや向きも問題なく生え、歯磨きも十分に行えている場合
②医師の確認とレントゲン検査の結果上問題が無い場合
③①、②の他にも特に問題が無い場合

には、抜歯する必要がない事があります。

抜歯後の痛みや費用、薬の副作用などを考慮して、進んで抜歯を行わない病院もあるようですので、自分にあった治療をおこなってくれる病院を見つける事が大切です。

抜歯後の問題点

親知らずを抜歯後、様々な問題が起きてしまう場合があります。

その中でも代表的なのは、抜歯した部分に歯茎の腫れや、激しい痛み、麻痺などがおきる場合もあります。

また、中には、抜歯が原因で、顎関節症になってしまうケースもあり、抜歯を行う場合には、抜歯後について十分に理解しておく必要があります。

抜歯の費用は、安くて1000円以下で行える場合もありますが、中には難しい場合などには、3000円前後の費用がかかってしまう場合もあります。

抜歯にかかる時間も、きれいに生えている場合には、数十分で終わってしまう場合もあれば、難しいものでは1時間程度の時間がかかってしまう場合もあり抜歯にかかる時間も十分抜歯前に確認しておきいましょう。

そして、抜歯するには、できるだけ親知らずが生えてから早めが良いっと言われています。

虫歯や歯周病になってしまってからでは、麻酔が効かなくなってしまったり、親知らずが生えてから時間があまりにもたってしまうと、骨とくっついてしまって抜歯する時に大変な時間がかかってしまう事があるからです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ