中耳炎 原因と症状

中耳炎とは、耳の中にある耳管を細菌が通り、その後中耳に感染して中耳が炎症を起こしてしまう状態の事を言います。

中耳炎っと一言で言ってもいくつかの種類があり、その中で、最も患者の多い、急性中耳炎のことを「中耳炎」っとよんでいるんです。

この他の中耳炎の種類っとは、「滲出性中耳炎」「慢性中耳炎」「真珠腫性中耳炎」「好酸球性中耳炎」っと種類があります。

ここでは、急性中耳炎、一般に中耳炎っと言われる病気の症状と原因をご紹介します。

中耳炎は、多くの年令でかかる事が多い病気ですが、実は、乳児や学童などの子供がかかることが、最も多いんです。

子供は、自分で鼻をかむことができない事があります。

こういうときに、鼻の菌が耳の耳管に入ってしまう事が最も多い原因ですが、他には、プールなどでも起こります。

中耳炎になってしまうと、症状は、最も多い症状が、耳の痛みと、耳だれが出る事が多いです。

他にも、発熱など、風邪で中耳炎になってしまった場合には、風邪の症状も現れている事が多いです。

また、赤ちゃんの場合、突然泣き出したり、耳をしきりに触ったり、いじったり、叩いてみたりっと様々な方法で耳の痛みを親に伝えようっとします。

中耳炎 治療

中耳炎は、早期発見、早期治療を行わないと、「慢性中耳炎」や「滲出性中耳炎」になってしまう事もあります。

こうなってしまうと、難聴の原因にもなる事があるので、早期に治療をする事が大切になります。

そして、中耳炎の治療は、症状にあわせて、治療方法が違ってきます。

それほど酷くなければ、薬物治療で治すことができます。

この時使われる薬は、耳の中の細菌を無くす為の、抗菌薬や抗生物質などを飲み薬や点耳薬などで処方されます。

症状が重いときには、点滴で上記の薬を投与する事もあり、風邪の症状があれば、風邪の薬も処方される事もあります。

症状が、重く化膿してしまって、膿が中耳に溜まってしまっている場合には、鼓膜を切開して膿を出す治療を行う事もあります。

切開後は、薬物治療を行いながら完全に治るまで薬を飲むのが一般的です。

鼓膜を切ってしまうので心配に思う方もいると思いますが、実は、鼓膜は、自然にふさがり治るので、特に心配はいりません。

しかし、切開の治療は、小さな子供にはかなりの痛みになるので、早く治療を始めて、切開しない様にしてあげる事が大切です。

中耳炎の予防

中耳炎の予防方法としては、これっと言った予防方法が無いのが現状です。

その為、特に小さな子供の場合には、風邪を引いてしまった場合などには、中耳炎になっっていないかどうか確認する必要があります。

また、汚い水などが耳に入らないように注意する必要があり、お風呂などでも耳に水が入らないように注意する事が大切です。

何度も、中耳炎を発症してしまう子の場合には、耳の中に細く小さなチューブを入れて、鼻水状のものが耳から出てくると早急に病院を受診するようにする方法もあります。

ただ、あまりにも小さな子供や乳児にはあまりこの様な措置は行われる事が少ないので、病院の先生と良く相談する必要があります。

中耳炎で、最も大切な事は、早期発見と早期治療です。

毎日、子供や自分の体調を確認し、風邪を引いてしまったときには、早めに小児科や内科、耳鼻科などを受診するようにしましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ