子どもにもあるストレス

ストレスっと言うと社会にもまれて様々な問題が起きることのある大人がなるのが一般的っと考える方も多くいると思います。

しかし、実は、子どもにも、ストレスはあって、うつ病になってしまう事もあるんです。

そして、子供っと言っても0歳~18歳程度まで様々な年代と環境によってストレスの現れ方や、ストレスの症状が違うんです。

ここでは、年齢別に様々なストレスの症状と原因、解消法をご紹介したいと思います。

乳幼児のストレス

乳幼児っと言っても、2歳程度までは、自分の意思を伝えるのに泣くことしかできません。

濡れたオムツをそのままにしていたり、ミルクが熱すぎたり、部屋が暑かったり寒かったり、大人には泣いて伝える事しかできない上に、ストレスを自分で発散する事ができません。

この頃は、大人が十分に注意してあげる事で、ストレスが軽減されるので、夜泣きの軽減にも繋がります。

この頃のストレスの症状は、夜泣きや突然泣き出すなどで、普通に生活していれば特にいつも見る光景の様ですが、常に気をつけてあげてストレスを軽減させてあげる必要があります。

また、保育園や幼稚園に入園する年になると、自分の思い通りにならない事が増え、ストレスが溜まってしまう事があります。

また、トイレトレーニングなどの際んい、上手くできず怒ってしまうなどもストレスの原因になります。

症状としては、夜中突然泣き出す、落ち着きがない、トイレなどに行かず隠れて尿をしてしまうなど様々です。

この時期のストレスは、環境でストレスが溜まるっと言うより、大人から加えられるストレスが、最も多いです。

子供が望んでいる事全てを叶えてあげることは、もちろん出来ませんが、怒るときも、きつく怒らないようにしたり、ちゃんとフォローをしてあげたりする必要があります。

また、激しい夫婦喧嘩などを子供の前でしない様にすることなどを気をつけてあげましょう。

小学校~高校までのストレス

この頃のストレスで、最も影響するのが、学校でのストレスです。

例えば、勉強が追いつかない、試験で良い点数が取れない、進学などに悩みがある、学校での先生や友達との人間関係などがストレスの原因になる事が多いです。

しかし、家庭でも、仕事で誰も家にいない、親同士が不仲などが原因でストレスになる事があります。

また、最近は、習い事の多い子供も多いですが、休み日を作ってあげないとこれもストレスになる事があります。

この頃のストレスの症状としては、発狂したり、親への反抗、窃盗など犯罪を犯してしまう場合もあるんです。

この他にも体にストレスが現れる子供の場合には、嘔吐、胃痛、下痢、下血、吐血、発熱などの他にも胃潰瘍や様々病気になってしまう事があります。

これ以外では、不登校や部屋へ閉じこもってしまったり、誰とも関係を持とうっとしない引きこもりになってしまう事もあるんです。

この様な場合には、基本的には、家族で何でも話し合える雰囲気を作っておく事が大切になりますが、急にっと言う場合には、旅行やレジャーなどに出かけるのも良い方法です。

また、友達と遊ぶのも良い方法だっと言えます。

しかし、体にストレスが現れてきている場合、この症状に対する治療が必要になる事があるので病院にいく事が大切です。

しかし、内科や小児科では、この様な症状の対処療法しかしてくれません。

病院を受診すると同時に、精神科などの受診や、児童相談所などで相談する事も大切になります。

子供のストレスばかりに気を取られていると、今度は大人にストレスが溜まってしまう事もあるので、大人は自分でストレスを発散できる場を持っておくことも大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ