熱中症の原因と症状

熱中症とは、暑熱環境化で起きる体の適応障害の事を指し、暑熱障害っとも言われています。

良く、熱中症と、熱射病を分けて考えている方もいるようですが、実は、熱射病は、熱中症に分類されています。

熱中症の症状としては、Ⅰ~Ⅲに分けられています。

Ⅰの軽度の場合には、ふくらはぎや足の裏などが突然痙攣するこむら返りや立ちくらみなどが症状っとして現れます。

Ⅱの中度の場合には、疲労感やめまい、頭痛や嘔吐、下痢や体温の上昇などが見られます。

Ⅲの重症の場合には、高熱や意識消失などの症状が現れます。

しかし、この熱中症は、軽視できない理由の一つに、運動をしている最中では、初期の症状を見逃し、死に至るケースもあることです。

それを表すように、消防庁によると2010年熱中症で死亡してしまった方は1718人にものぼっています。

中でも、高齢者の熱中症が年々増えていて、自分で体温調整のできない高齢者や乳児、幼児は特に注意が必要な病気です。

熱中症にかかりやすい原因っとしては、熱のこもりやすい建物が増えた事や温暖化の影響で、年々最高気温が更新され、高温多湿の日々が続いている事が原因っと言われています。

また、高齢者や幼児や乳児以外にも、普段外で活動しない方が、突然外で長時間の作業などを行うと、かかりやすく、主婦なども水分補給をおろそかにしていると、熱中症になってしまう事が増えています。

熱中症を予防する為に

熱中症は、毎日のちょっとした注意で未然に防ぐ事ができます。

熱中症を予防するには、体調を毎日万全にしておくことや、高温多湿の場所に数時間いないなど基本的な予防方法の他に、こまめに水分を補給するなどの予防方法があります。

熱中症は、高温な場所っと言うだけでは起きず、多湿であることが最も危険っとされています。

その為、熱中症になってしまうのは夏だけっとは限らないので注意が必要です。

また、高温多湿の時期が来る前に、体を整え、高温になってしまう夏を乗り切るために体力を作っておく事も大切です。

最近テレビなどで報道されている、軽い運動後に牛乳を飲むと良いっという方法など様々ありますので、是非試してみて下さい。

そして、洋服にも注意が必要で、通気性の良いものを着用するのが望ましいです。

水分補給では、ただ、水を飲むよりも、ポカリスエットやスポーツドリンクなど、一定の塩分などが入った飲み物のほうがより効果的です。

近年、エネルギー問題などで、高齢者や小さな子どもがいる家庭でも、節電でエアコンをつけないなどを行う家庭も多いようですが、高齢者や幼児、乳児がいる家庭では十分に体調に気を使い無理な節電は控える事も大切です。

もし熱中症になってしまったら

熱中症は、いくら注意していても、なってしまう事があります。

そんな時には、1秒でも早く応急処置をする事が大切です。

軽度の熱中症で、意識がはっきりしていて、自分で動ける場合には、木陰や日が当たらない場所、涼しいところに安静になり、水分補給をしましょう。

洋服も胸元を開けるなど体の熱が外に出やすい状態を作るようにします。

しかし、それでも気分が悪くなる様な場合には、早急に病院に行き救急処置を受ける様にします。

中度の症状の場合には、上記と同じ対処を行いますが、足の痙攣などがある場合には、痙攣している箇所のマッサージを行うのも良いです。

しかし、中度の場合には、まず救急車を呼び、救急車到着までの間にこの上記の処置を行う様にしてください。

重度の場合には、意識がはっきりしない場合もあるので、至急救急車の要請が必要です。

意識がはっきりしない状態の場合には、無理に水分を補給させず、涼しい場所に避難し、その場で救急車の到着を待ちましょう。

どのような症状が現れても、応急処置で体調が、戻った場合には、必ずその後、医師の診察を受ける様にしてください。

また、熱中症は、何度も繰り返してしまう事があるので、熱中症になってしまった場合、どんなに回復してもしばらくの間は安静に過ごす事が大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ