女性に多い膀胱炎

膀胱炎とは、何らかの細菌に感染してしまった膀胱が炎症を起こしてしまう病気です。

特に、女性が膀胱炎を発症する事が多い理由は、女性の場合、尿道が短いのが原因で、他に、尿道と肛門、膣などが近くにあることも原因っと言われています。

性交の際にも、尿道に傷が付いてしまう場合があり、そこから細菌が感染し、膀胱炎になる可能性もある為、常に清潔にしておく必要があります。

また、妊娠中や産後、避妊用ペッサリーなどを使用そている場合などには、膀胱炎になりやすいですので、注意が必要です。

膀胱炎は女性に多い病気ですが、男性も、慢性的に膀胱炎になってしまう場合があります。

膀胱炎の症状は、初期のうちなら、頻尿になり、何度もトイレに行ったり、なんだか、尿が常に膀胱に溜まっている感じがする残尿感が初期の症状になります。

中程度の症状になると、尿をした後、尿道に痛みが走ったり、膀胱に痛みが残ったりする事があります。

更に症状が進行すると、痛みと供に、血尿が出る事があります。

更にこの症状をほおって置くと、尿意を感じてからトイレに行くまでの間に排尿してしまったり、酷い場合には、膀胱周辺の臓器にも炎症や細菌が感染してしまい別の病気になってしまう場合があります。>

この場合、膀胱炎の症状の他に、背中の痛みや発熱などの症状が見られる事があります。

膀胱炎の治療方法

膀胱炎の治療方法は、症状によって変わってきますが、症状が初期のうちには、水分(お水)を沢山飲み、排尿を多くする事で、膀胱の中の細菌を外に出す事ができます。

その為、症状が初期のうちには、この様な方法で、細菌を体外に出して治療する方法もあります。

しかし、膀胱や尿道に痛みがあったり、血尿が出ている場合には直ぐに病院を受診する事が大切になります。

病院では、尿検査や血液検査を行い、尿の中の細菌を確認します。

ほとんどの場合、抗生物質が処方される事が多く、1週間程度分の薬が処方されますので、その薬を飲みきり、完治させる事が大切になります。

症状自体は、薬を飲み始めて直ぐに良くなってしまったりしますが、一般的に3日程度で症状が無くなることが多いですが、膀胱にいる細菌を死滅させる為に処方された薬は飲みきる事が大切になります。

最近では、市販の膀胱炎を治す薬も販売されているので、仕事などで忙しい場合には、利用する事も良いでしょう。

しかし、何度も繰り返し膀胱炎になってしまう場合には、細菌が膀胱に残っている証拠ですので、必ず病院で薬を処方してみらいましょう。

膀胱炎の予防方法

膀胱炎の予防方法は、水分を沢山とって、膀胱に尿を溜めることをしない様にする事が1番です。

膀胱に尿が溜まったままにしていると、その溜まった尿から細菌が発生して膀胱炎になる事があります。

また、女性の場合、冷え性の方が多いっと思いますが、冷えも大敵です。

夏でも冷房の下で長時間座っている様な仕事をされている方は、膝かけなどをかけて、お腹が冷えないようにする必要があります。

排尿後の拭き方もちょっと間違えるだけで、膀胱炎の原因になりますので、排尿したあとには、尿道から肛門方向に拭きとる事が大事です。

更に、ウォシュレットがある場合には、排尿後、清潔にする為にお使いになるのも良いでしょう。

この時にも、上記の様に綺麗にふき取る事もお忘れなく!

特に女性の場合、1度膀胱炎に感染してしまうと、再発する事が多いですので、免疫力を高く保ち続けるっと言う事も大切になります。

生理用ナプキンや下り物ナプキンなどの取り扱いにも十分に注意が必要で、数時間おきに取り替える必要があり、汚れたまま3時間以上放置するとそこから細菌が感染する事もあります。

性交時にも、パートナーと、清潔な環境で性交する事や、指なども清潔にしておく必要があります。

性交後は、排尿するようにし、菌が膀胱に入る事を防ぐ為にも大切な方法です。

このよ様に、膀胱炎は日常生活の中で少し気をつけるだけで、膀胱炎は防ぐ事ができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ