赤ちゃんの下痢の原因

赤ちゃんは、食べ物などによって直ぐに下痢をしてしまったりする事があります。

一般的に知られている赤ちゃんの下痢の原因っとしては、ウイルス性の腸炎やアレルギーなどが一般的です。

アレルギーが原因での下痢の場合には、下痢が長期間続く事はなく、アレルギー物質を接種しないようにすれば症状は現れません。

ウイルス性の腸炎の場合には、目に見えないウイルスが腸で炎症を起こすので、急に下痢や嘔吐が始まったりする事が多いです。

ウイルス性の腸炎の場合には、本人が元気であれば、無理して病院にいく必要もなく、腸の中のウイルスが全て便で出されれば、下痢は治ります。

しかし、長い間、下痢が続いてしまうと、体の小さな赤ちゃんの体の中の水分は、見る見る奪われてしまい、脱水症状になってしまう事もあるので注意が必要です。

この時、気をつけるべきポイントは、
□赤ちゃんが元気でミルクの哺乳量もいつもと変わらない
□ウンチの色が白や黒、赤など異常な色をしていないか
□下痢と一緒に嘔吐や発熱などの別の症状が現れていないか
□常にウトウトしていて明らかにいつもの様子と違わないか
□水っぽいウンチを5回以上していないか

などに注意して、これら以外にもいつも赤ちゃんと一緒にいる人が不安であれば、病院に受診し、医師の診察を受ける様にしましょう。

これらの症状に気をつければ、症状が進行したり、脱水症状を未然に防ぐ事ができるので下痢をした際には十分に観察しましょう。

赤ちゃんは、体が小さく腸も大人の様に発達していないので、ちょっと冷たいものを食べたり飲んだりしただけでも下痢をしてしまう事があります。

この他にも実は、大人と同じく、赤ちゃんもストレスで下痢をしてしまう事があるんです。

赤ちゃんがストレスに感じてしまうのは、いつもお世話してくれる人が突然変わって、それがいつまでも続く時などや親の顔や声色でもストレスを感じてしまう事があります。

特に両親の不仲などが赤ちゃんに伝わり、夜泣きの原因にもなるので注意が必要です。

多くの場合、赤ちゃんは自分の気持ちを話す事は出来ないので、泣いて自分に起きている心境の変化などを教えてくれます。

特に、強いストレスを受け続けると、幼児期になっても改善されない「うつ状態」になってしまう事もあるんです。

赤ちゃんにストレスなんて…っと思う方もいるかもしれませんが、実は、成長過程で最も必要なのは親や周りの人からの愛情なんです。

赤ちゃんが下痢をしている時の対処方法

赤ちゃんが下痢をしてしまうと、色々と不安で、診療時間であれば直ぐに病院に行く方が多いっと思います。

もちろん病院で処方された薬を飲みながら下痢を治すことも大切なのですが、食べ物やおしりのケアなども大切です。

下痢の時に医師から処方される薬では、なんらかの病気が隠れていない限り、整腸剤などを処方される事があると思います。

また、脱水症状が見られる場合には、点滴などで、水分を補給する事も欠かせない治療方法になります。

そして、治療が終わるとほとんどの場合、自宅に帰る事になると思いますが、下痢をしているときに食べてはいけないものをご紹介します。

□乳製品:牛乳やヨーグルトなどは胃腸が炎症を起こしているときには控える事がオススメです。

□冷たい食べ物:アイスや冷たいジュースなどは、下痢の原因になるので、控えましょう。

□糖分:プリンや甘いジュース、お菓子などは下痢が落ち着くまで控えるのが望ましいです。

□油分:揚げ物や油を使った離乳食など、香辛料も控え、胃腸に刺激を与えない様に注意する事が必要です。

では、逆に食べていいものや積極的に取るべきものをご紹介します。

□水分:脱水症状を防ぐ為に水分はいつもより多めに接種する事が望ましいです。

白湯や麦茶、イオン水やなど、市販で販売されている赤ちゃん用の飲み物が良いです。

他にも、「OS-1」っという医療用の飲料水もオススメです。

これは、薬局や病院で販売されていますが、急な下痢や嘔吐があるときに必ず医師から勧められる飲み物ですので安心して飲ませてあげる事ができます。

□離乳食:離乳食が始まっている場合には、柔らかいおかゆや煮込んだうどんなどを与えてあげましょう。

しかし、下痢以外に、嘔吐の症状がある場合には、無理には食べさせずに、水分補給だけを心がけましょう。

嘔吐や吐き気が治ってから、徐所に離乳食を与えてあげれば問題ありません。

そして、下痢をしてしまうと、おしりが赤くなってしまったり、おしりの拭き方で悩んでしまう方もいるでしょう。

下痢をしているときには、ウンチの度に、おしりを洗ってあげるのが最も良い方法なのですが、毎回は大変ですよね。

そんな時には、カラのペットボトルのフタに数個小さな穴を開けて、綺麗なお水を入れ、ウンチの度におしりを簡易性のシャワーで洗ってあげて下さい。

そうするだけで、おしりを何度も拭かずにすむので赤くなってしまう事を防ぐ事ができます。

特に、女の子は、汚れが残ってしまうと尿路感染症などになってしまうので、常に、簡易性のシャワーを準備しておくと良いでしょう。

もう、すでに肌が赤くなってしまった場合には、おしりカブレ専用の軟膏などが市販でも販売されていますし、病院に受診したときに一緒に見てもらい軟膏を処方してもらいましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ