貧血 原因と治療方法

貧血とは、なんらかの理由で、血液が薄くなってしまっている状態の事を言います。

血液が薄くなっているっと言っても、水などで薄まってしまった訳では無く、赤血球っと言う血液の中を流れ、酸素の運搬を行うヘモグロビンっと言う物質が減少してしまう事を言います。

貧血っという言葉は、病名ではなく、ヘモグロビンが減少している状態を指す言葉です。

原因としては、大量の出血によるものや、なんらかの病気で、血液が造られなくなってしまったり、血中の赤血球が無くなってしまったりっと様々な要因で貧血になります。

病気が原因で貧血になるものは多くありますが、ここではその一部をご紹介します。

□無効造血
血液は、骨髄の中で造られますが、無効造血の場合、骨髄の中では、正常に造られた血液が、血管の中を通り、末梢に出るまでの間に細胞が死んでしまう状態を言います。

この病気は、「サラセミア」「巨赤芽球性貧血」「鉄芽球性貧血」「骨髄異形成症候群」「白血病」などの病気があります。

□造血細胞の減少
造血細胞っとは、血液を造る細胞の事で、この細胞は、主に、骨髄にあります。

また、骨の中にもあり、細胞ですので、だいたい120日で寿命を迎えるっと言われています。

しかし、健康な方の場合には、この細胞は、何度も生成されるものですが、病気があると、どんどんこの細胞が減少してしまいます。

「再生不良性貧血」「赤芽球癆」「骨髄癆」などの病気がありますが、他にも何らかの薬を使っている時や、ウイルスに感染している時、放射線などを浴びたときなどにも造血細胞の減少が見られます。

□上記の他
この他の病気では、「腎障害(腎性貧血)」「造血因子エリスロポエチンの減少」この他にも栄養分が足りない場合にも貧血になります。

そして、貧血の治療方法は、上記の様な病気がある場合には、病気の治療を行う事で、改善される事があります。

しかし、治療が困難な病気の場合には、対処療法として、輸血などを行う事もあります。

更に、貧血治療では、食事療法や鉄剤などの薬を飲んで治療する事が良くあり、薬を処方された際には、良く副作用などを確認する必要があります。

貧血の時の食事療法

女性などは、毎月の月経のたびに実は貧血になっている事がよくあります。

貧血と低血圧を勘違いしている方も多く、特に有名なのが、「朝が苦手」っと言う事。

朝が苦手っと言う人の多くは、「私、低血圧なの!」っと言う人がいますが、実は、貧血である可能性もあります。

低血圧は、心臓の機能が弱く、血液を体中に送るポンプの働きをしている心臓の機能が弱いと、血液の循環が悪くなり酸素や栄養素が、体の隅々まで行き届か無い事が原因で朝目覚めが悪いっと言う事がおきます。

貧血も、酸素を体の隅々に運んでくれる、赤血球が減少する事で、朝、目覚めが悪くなってしまう事があります。

そんな毎日訪れる朝を目覚めよくする為にも、食事で貧血を予防しましょう。

貧血を治すのに良い食事は、アサリ、シジミ、牡蠣、まぐろ、かつお、ウナギ等の魚介類。

赤身肉、レバーや卵、乳製品などとひじき、アオノリ、パセリ、小松菜、大豆などの植物性食品も良いです。

他にも、鉄分の吸収を良くするためにビタミンCやタンパク質などを一緒に摂取する事が、望ましいです。

しかし、鉄分の摂取には、1度に大量の鉄分を含む食品を食べても意味が無いので、1日に少量ずつ摂取する事が良いでしょう。

特に、妊娠中や授乳中、月経の直後直前、怪我をした後や体調が優れないときなどには意識して多く鉄分を含む食品を食べると良いです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ