誤嚥性肺炎の症状は?

誤嚥性肺炎っとは、飲み物や食べ物などが気管に入ってしまう事でおきる肺炎です。

健常者でも、気管に食べ物や飲み物が入ってしまう事は良くあることですが、咳などをして外に出す力があるので、肺炎にまではなる事はありません。

しかし、高齢者や脳の病気などで嚥下機能(嚥下とは食べ物などを飲み込む動作)がうまく出来なかったり、咳を出す動作が鈍くなってしまう事で肺炎になってしまいます。

また高齢者でも、免疫力が強ければ細菌などを駆除する力があるので、特に問題はありません。

しかし、特に問題なのは、寝たきりで、口腔ケアが自分っで十分に行えていない場合などには、口腔内の細菌などがつばなどからも肺に入り込み誤嚥性肺炎の影響になります。

日常的な口腔ケアで、誤嚥性肺炎を予防する事もできるので、口腔ケアは大切になります。

誤嚥性肺炎の症状は、少量の誤嚥を何度もした場合には、咳や発熱、痰や息苦しさなどが症状として現れます。

また、一度に大量の誤嚥をしてしまった場合には、突然の激しい息苦しさや発熱、低酸素状態になって、チアノーゼっと言う唇が青白くなる症状が現れます。

しかし、誤嚥性肺炎の患者のほとんどが、寝たきりで高齢者の事が多いため、発熱が無いかぎり病気の発見が遅くなってしまう事があります。

その為、寝たきりの高齢者を介護する場では、1日に2~3回ほど熱を測って、肺炎の有無を確認しています。

日本では、死亡原因の4位に肺炎があり、65歳以上の肺炎の死亡率は96%でとても高く、90歳以上では、死亡原因の2位っとなっています。

誤嚥性肺炎の治療

誤嚥性肺炎の治療方法には、様々な薬が使われます。 嫌気性菌に有効っと言われている抗菌薬やカルバペネム系抗菌薬、βラクタマーゼ阻害剤配合ペニシリン系薬などが推奨されています。

しかし、65歳以上の肺炎の死亡原因が4位っとなっていて、完全に肺炎から高齢者を守るためには、誤嚥性肺炎を未然に防ぐ事がもっとも大切になります。

その為、何度も誤嚥を繰り返してしまったり、誤嚥をする可能性の高い病気の場合には、食事や水分補給を控え、点滴などで水分や栄養分を補給する方法がとられます。

また、点滴では、得られる栄養が限られている為、胃瘻(いろう)っと言われる、胃にチューブを通してチューブから栄養を取る方法などが取られます。

そして、リハビリなど専門医による飲食の意識付けや、誤嚥を防ぐ為、体を常に起こした状態にする事も行われます。

また、口腔ケアも重要で、口腔内の細菌などが増殖しない様に、1日に何度か口腔内を清潔に保つ掃除を行う事が大切です。

若くても、寝たきりの場合、誤嚥を起こし、誤嚥性肺炎になる確率は十分にあります。

誤嚥性肺炎は未然に防ぐ事の出来るものですので、高齢者や寝たきりの患者を誤嚥性肺炎から守りましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ