寝たきり 原因

寝たきりになってしまう原因は、昔は、病気や事故などが多くの原因でしたが、最近ではそうではなくなっています。

もちろん寝たきりになる大きな原因は、病気や事故などが多いですが、その後のリハビリなどで寝たきりから改善する事もあり、最近の問題は「寝かせきり」の様です。

寝たきりになってしまう原因の病気は、脳卒中が寝たきり患者の全体の4割にもなります。

ついで原因がはっきりしていないもので、3割弱、痴呆症でも全体の1割強、骨折や関節痛で1割強っという原因があります。

脳卒中の中でも、脳梗塞が6割、頭蓋内出血が2割、くも膜下血腫が1割っと言う割合になっています。

脳卒中の主な原因は、動脈硬化や血栓が大きな危険因子っとして知られていますが、中でも高血圧などが大きな要因の様です。

高血圧など、この病気の根本には、喫煙や飲酒、肥満やストレスなどが大きな要因です。

寝たきりを予防する

寝たきりを予防する為には、寝たきりになってしまう原因を良く知り、その原因を未然に防ぐ事が大切になります。

寝たきりになる原因の多くは、脳卒中などの生活習慣病が最も多く、骨折などの6倍にもなります。

この他、関節痛や痴呆症などがあります。

生活習慣病の予防には、喫煙や飲酒、肥満やストレスなどに注意が必要で、特に高血圧の方は、十分に気をつける必要があります。

この他の骨折は、カルシュームの摂取を多くしたり、常に軽い運動をして、体を柔軟にしておく事で、骨折の予防につながります。

また、関節痛も、適切な治療が行われれば、多少の症状の改善が望める他、急激な体重の増大にも気をつける事が大切です。

また、上記の原因以外でも寝たきりになってしまった場合でも、リハビリを行う事で、病気を完治させてから1年以内に多くの人が自力で起き上がる事ができる様になります。

たとえ寝たきりになってしまったとしても、患者も家族も決して諦めることなくリハビリを行う事で、寝たきりを克服できるので無理の無い範囲で、リハビリを行いましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ