寝たきり

寝たきりっとは、寝た状態のまま、自分で動くことが出来ない方のことを言います。

また、介護業界では、「寝たきり老人」っと言う言葉もあり、介護の場では、多くの寝たきり老人がいるようです。

寝たきりにはいくつかの種類があり、本物っといわれる、病気などが原因で、体を動かすことができない人と、偽物っと言う、動くことに屈折してしまったり、介護者との意思疎通がはかれず反発心で自ら動かない人。

っと、分かれていますが、どちらも、リハビリなどを行わないと、どんどんと動ける範囲が狭くなってしまいます。

そして、寝たきりっになってしまうと、介護者の負担も大きくなりますが、最も注意が必要なのが、「とこずれ」です。

「とこずれ」は、褥瘡(じょくそう)っとも呼ばれ、寝たきりの患者の体勢が、長い間決まった体勢をしていると、ベッドや布団と接している箇所の血行が悪くなってしまい周辺の組織が壊死してしまいます。

皮膚の組織が壊死すると、体に穴が開いたようなかたちになったり、皮膚に潰瘍ができたりする症状が出ます。

軽度の場合には、皮膚が紫色や栗色に変色したり、血疱ができます。

重度になってしまうと、筋肉や骨ま壊死が進んでしまい、骨髄炎や敗血症などの病気を併発してしまう事があります。

「とこずれ」を防ぐ為には、寝たきりの患者の体勢を1日に何度か変えてあげる必要があります。

寝返りを促してあげたり、介護者の手を借りて体勢を動かしてあげます。

また、寝たきりが長期に及ぶと、手足のむくみが現れる事があります。

そのむくみを取るには、毎日、手足を心臓の方向にむけてマッサージする必要もあります。

マッサージを行う事で、関節が固まってしまうのを防ぎ、血行をよくする効果も高いです。

その為、むくみの症状が無くっても、なかなか眠れない場合にも、マッサージが有効です。

寝たきり 在宅介護



寝たきりの患者を自宅で介護するには、介護者である家族に大変に大きな負担がのしかかります。

特に、日本は、昔から、親の面倒は子供が見るものっと言う風習があり、大変な不満などがたまっている介護者も多くいる様です。

また、寝たきり患者の介護で問題なのは、自然界で言えば、寝たきりっとは死ぬ前の状態で、寝たきりになってから数週間で亡くなることも多いです。

しかし、人間の場合、寝たきりになってから、亡くなるまでの期間は平均8.5ヶ月で、1年以上寝たきりで介護を受ける方も全体の1割いるようです。

重労働の上、長期にわたる介護で、老人の虐待を行ってしまう介護者もいて、現代社会の問題になっています。

まず、寝たきり患者の介護に絶対に必要なのが、入浴、食事、排泄物処理、寝返りの補助、痰などの吸引など多岐にわたります。

入浴や排泄物の処理や食事などは、週に何度か介護ヘルパーなどを頼めば多少は作業が楽になると思いますが、痰の吸引などは看護師などの免許を持っている人でないとできないので、介護職員にはお願いする事はできません。

他にも、とこずれを防ぐ為に2~3時間の間隔で、寝返りの手伝いをしなければならず、在宅介護を行っている介護者が眠る時間すらとれないっと言った現状があります。

極力、様々なサポートの力を借りるのが大切になりますが、それでも大変なのが現状で、多くの方が悩んでいます。

そんな時、介護される方の気持ちも大切ですが、介護する側の体にも気を配ってくれる、地域包括支援センターや地域の民生委員などの方に相談し、どの様な介護が必要で、どの程度の料金がかかるかなど調べてくれます。

長期にわたることの多い、寝たきり老人の介護を少しでも軽くする方法を見つける事が介護にとって大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ