認知症の種類

□脳血管性認知症
脳の中の血管にできる梗塞などが原因で発症する認知症で、脳梗塞以外にも、頭蓋骨内での出血など原因になる事もあります。

脳梗塞や、くも膜下血腫、脳卒中などの他、小さな梗塞が沢山できる脳梗塞の前兆である、一過性脳虚血発作などでも症状が現れる事があります。

そして、この脳血管性認知症の症状は、この様な病気が発症した場所によって変わってきます。

その為、認知能力にかなりの問題があっても、家族の顔は認識できたり、普通通り話が出来ているなど、症状にばらつきがあるのも特徴です。

しかし、特徴として最も多いのが、症状が現れ始めた初期の頃から日常生活に支障をきたすほどの意欲の低下や障害などが目立っています。

そして、この症状は、日や時間によってまちまちの症状が現れるのも特徴になっています。

この脳血管性認知症は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、喫煙や暴飲暴食などが脳血管性認知症のリスクを高めることが分かっています。

その為、生活習慣病を改善すれば十分に予防する事ができるので、生活習慣の見直しが大切になります。

□その他の認知症
その他の認知症は、脳腫瘍や感染症、交通事故や強い力で殴られたりしたときにできる外傷や脳挫傷などが原因でも認知症になる事があります。

脳腫瘍の場合、腫瘍が出来た場所や大きさによって症状がまったく変わってきます。

外傷や脳挫傷の場合にも、強い衝撃を受けた場所によって症状がかわってきます。

また、適切な治療を行えば、十分に症状が改善するのが特徴です。

このその他の認知症は、高齢でなくても発症する事がある認知症ですので、病院などで、「認知症です」っと診断された方は少ないっと思います。

原因疾患の治療が行われれば十分に症状が改善するので、主治医などと相談して見る事をオススメします。

認知症 治療



アルツハイマー型認知症の治療には、病気の進行を遅らせることのできる薬が利用されています。

つまり、まだ、完治する薬は登場していないものの、認知症の早期発見と早期の治療開始で、ある程度は病状の進行を遅らせることができます。

その薬には様々な種類がありますが、多くは「アリセプト」っと言う記憶力の低下を1年から3年程度遅らせることができる薬です。

他には、一時的に記憶力を高めることのできる薬で、「タクリン」っと言う薬が用いられる事もあります。

この他にも2011年から使用する事ができる様になった薬もありますが、そのどれもが症状の進行を数年程度遅らせる程度の効果しかありません。

治療ではなく、対処療法になりますが、症状によっては、うつ病などで使われる「抗うつ薬」なども使用し、情緒を安定させることがあります。

そして、最近では、多くの介護施設などで、症状の進行を遅らせる為に、様々な工作や遊戯などを取り入れ、頭を多く使う機会を多く作る施設があります。

他にも音楽を聴いたり、子供や動物などと一緒に過ごす時間を作る事も症状の進行を遅らせるっと期待され実施されています。

レビー小体型認知症には、漢方薬の抑肝散っと言われる薬の使用で、幻覚や幻想が消えることがあるようです。

しかし、薬の使用によって症状が悪化してしまう事もあるようで、医師と十分に相談して使用する事をオススメします。

この他、脳腫瘍や感染症、水頭症などが原因で、認知症の症状が出た場合には、この病気の治療を適切に行う事で改善したり、徐所に症状が見られなくなります。

そして、認知症の症状を悪化させない為にとても大切なのが、家族や介護スタッフの配慮で、情緒を安定させてあげることが大切になります。

物忘れがあっても、決して怒ったり、責めたりせず、優しく対応してあげ、笑顔で接することも大切になります。

外は危ないからっと、お家の中に閉じ込めたり、何もさせないのも症状を悪化させる要因になるので注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ