気管支炎になってしまったら?

気管支炎は、子供から大人まで患う事のある風邪の様な病気で、名前の通り、気管が炎症を起こしてしまう病気です。

気管が炎症を起こしてしまう原因は、ウイルスがほとんどで、ウイルスの種類では「ライノウイルス」「インフルエンザ」「パラインフルエンザ」「アデノウイルス」などが原因になります。

しかし、極稀に、ウイルス以外にも、「マイコプラズマ」や「クラミジア」などが原因になる事があります。

この様な、細菌やウイルスなどが喉に付着して炎症を起こすと、痰が出たり、咳が出ます。

その為、痰や咳が出る状態を一般的には気管支炎っと言われます。

また、風邪などから気管支炎になる事を急性気管支炎っと言い、慢性的に気管支炎を発病する慢性気管支炎と種類が分かれます。

そして、肺炎や喘息でも気管支炎は起きるので、アレルギー性喘息などを持病でお持ちの方は注意が必要です。

肺炎の場合には、痰が出て、咳が出る症状は、気管支炎と変わらないので、胸のX線検査を行い、肺に影が無ければ、気管支炎、肺に影があれば、肺炎っと診断されます。

気管支炎の症状としては、上記に書いてある、咳、痰、発熱が症状として現れます。

しかし、この症状は、肺炎などでも見られる症状の為、X線画像での診断が大切になります。

また、痰が黄色い色をしている場合には、ウイルスではなく、細菌による感染症の可能性あります。

咳や痰、発熱の症状が出る病気は多くの種類がある為、原因の追究は治療法を間違えない為に大切な事です。

気管支炎を予防するには…

気管支炎を予防するのにまず行うべきなのは、風邪やインフルエンザにかからない様に気をつけることが大切になります。

その為には、きちんとした手洗い、うがいが最も有効な予防方法になります。

また、インフルエンザが流行する時期には、インフルエンザの予防接種を受ける事で、症状の重症化を防ぐ事も大切になります。

また、それでも気になる場合には、夜眠るときには、マスクをつけて寝たり、人ごみでもマスクを着用する、乾燥する時期には乾燥を防ぐ工夫が必要になります。

アレルギーをお持ちの方で、鼻炎などの症状がある場合にも、極力、アレルギー物質を避けた生活をする事も予防方法の一つです。

そして、タバコを吸っていると、タバコの有害物質が喉などに悪影響を与え免疫力の低下などが起きて、気管支炎の原因になる事があります。

また、小さな子供の周囲でタバコを吸うと、受動喫煙で有害物質が子供の細い気管に炎症を起こす原因になる事があります。

小さな子供の場合、痰を出せない為、嘔吐して痰を出したりする為に、水分不足から脱水症状っと重症化してしまう可能性があるので、子供の周囲での喫煙は控えましょう。

そして、高齢者がご家庭にいる場合には、肺炎球菌のワクチン接種も、気管支炎を予防する方法になります。

高齢者でも寝たきりの場合、気管支炎で気管に溜まった痰や嘔吐した異物が肺に入りこみ、誤嚥性肺炎っと言う死にいたる場合もある肺炎になる可能性があります。

高齢者や小さな子供がいる家庭では、一般の家庭よりもより細かな部分にまで気を使い、気管支炎を防ぐ必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ