子供の咳について

子供が風邪を引いてしまって、「咳」を出す事は珍しい事ではありません。 しかし、注意しなければならない症状の一つで、中には命に関わる場合もあります。 特に注意したいのが、1週間以上長い間咳がとまらない、咳き込むと激しくてとまらない、夜中にだけ激しい咳が出る。

乾いた咳をして、ヒューヒューと胸から音がする、痰がからんで苦しそうな咳をする、息をするのが苦しそう、など、いつもの風邪とは違った咳が出ている場合にはすぐに医師の診察を受けましょう。

この様な咳が出る病気は、インフルエンザなどのウイルス感染、や細菌感染など以外にもインフルエンザや麻疹、他にも多くの種類の病気がありますが、その一部をご紹介します。

□喘息:子供のうちにかかる喘息のことは、「小児喘息」っと言います。

大人と違って気管支も狭い子供達は、ちょっとした原因で喘息などを発症してしまうことがあります。

しかし、そのほとんどが、成長っとともに改善されたり、完治したりするものが多いです。

小児喘息の症状っとしては、ヒューヒューと胸の音が息をするたびに聞こえてきます。

また、何かが気管を狭めている様に、ゼロゼロっと音がする事があります。

この様な音が胸から聞こえてきた場合には、すぐに医師に診察してもらいましょう。

症状によっては、すぐに入院が必要な場合もあるので、極力早めに病院に来院をして下さい。

□気管支炎:気管支に炎症が起きてしまい、咳や痰などが続く場合があります。

気管支炎には、急性と慢性のものがあり、急性気管支炎の場合には、風邪を引いたあと、咳以外の症状は直っているのに、咳だけ止まらない場合「急性気管支炎」の場合があります。

気管支炎は、喘息と似た症状が出る事があります。

□肺炎:肺炎は大人も患うことのある病気で、ほっておくと、大人でも死に至ることがあります。

肺炎の症状には、咳以外にも胸の痛みや寒気、高熱をだし、グッタリとしてしまいます。

また、肺炎は「マイコプラズマ肺炎」っと言ってレントゲンでは判別が不可能な肺炎のあります。

「マイコプラズマ肺炎」の場合には、判別するには、胸のX腺を撮ってもらう必要があります。

その為、肺炎の諸症状が出ている場合には、大きな病院など、設備の整った病院に来院する必要があるかもしれません。

□それ以外:上記の病気以外にも、「肺結核」などに感染してしまう場合もあります。

予防接種が済んでいれば症状が軽くすむ可能性もありますが、ひどい場合には呼吸困難などになってしまう場合もあります。

他にも、異物が誤って気管に入ってしまったときも、喘鳴や呼吸困難がおきます。

この場合、救急病院ですぐに適切な処置をしてもらうことが大切になります。

更に、嘔吐した時の嘔吐物が肺に入ってしまう誤嚥性肺炎も心配です。

子供の咳が長引く場合は?

一般的に子供の咳が1週間以上長引く場合など、親はとても心配になると思います。

子供の咳の対策で大切なのは、いくつかの病院でセカンドオピニオンを行う事をお勧めします。

良く、風邪薬を何週間にも渡って飲み続けたのに、別の病院では、「マイコプラズマ肺炎」っと診断された。

などの医療事故に繋がりかねないことが多く起きています。

確かに、子供は、1ヶ月に何度も風邪を引いてしまう事がありますが、何週間も咳だけが止まらない場合には別の病気を考える事が大切になります。

ですので、長引く咳が症状に表れる病名をいくつかご紹介します。

□副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの場合には、喉に降りてくる鼻水が原因で咳が出ます。

その為、寝ている時にはいくらか咳が止まり、起きている時に多く咳をする傾向があります。

アレルギーでも適切な治療を受ける事で症状が改善されるので、必ず病院を受診しましょう。

□心因性、くせの場合には、家庭環境に関わるストレスなどが子供にかかっている可能性があります。

この場合、夜寝ている間は、咳が無くなり、昼間、乾いた咳が出るのが特徴になります。

□マイコプラズマ肺炎の場合にも、長引く咳が出る事があります。

酷くなると、咳の為に嘔吐してしまい、脱水症状になってしまう子供もいる為、2~3週間長引く乾いた咳の場合大きな病院などを受診する必要があります。

□百日咳、百日咳は、3種混合予防接種を受けていればある程度は、感染しても症状を抑えたり感染する人数は日本では減少していますが、世界的に見ると2000人もの人が感染しそのうち、10%の人が死亡してしまう恐ろしい病気です。

特に5歳未満の子供の場合には重症化してしまいますが、百日咳が発症して初期のうちは風邪の様な症状しか現れない為、症状が軽ければ気付かれないこともあります。

□受動喫煙、大人が吸ったタバコの煙を子供が吸ってしまうと湿った咳が出る事があります。

また、タバコなどのアレルギーを持っている子供の場合には、アレルギー性喘息などを起こしてしまう事があります。

このような症状がある場合、子供の前ではタバコを吸わない事や、出来ればタバコを吸う時には子供と遊ぶ際の洋服とタバコを吸う洋服を分けることも理想です。

しかし、一番良いのは、禁煙する事が大切になります。

どの様な場合にも、医師の診察を受け、必ず、適切な処置をしてもらうことが大切になります。

また、状態によっては救急でも受診する必要があり、大きな病院への転院、セカンドオピニオンなど出来ることを一つづつ試してみましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ