緑内障の症状と原因

緑内障とは、極、初期のうちには、まったく症状の出ない眼の病気で、20年~30年と長い時間をかけて進行する目の病気です。

良く、色々な病気では、「早期発見を…」っと言われるものが多いですが、眼圧が高くなる程度の初期症状の緑内障では、早期発見が難しいです。

良く、目の病気では、「視力低下」などの自覚症状が現れる事が多いですが、その様な自覚症状も無いので、本当に厄介な病気です。

そして、症状が進行していくとともに、見える範囲が狭まっていく症状がありますが、多くの方が、目のかすみや疲れなどと勘違いしてしまう事が多いです。

そして、症状が末期になると、歩いていても周りの人や物にぶつかってしまったり、日常生活にも支障が出てきます。

そして、最も怖いのが、見えなくなる部分は、人それぞれ違うので、人によっては、車などを運転中に、信号が見えなかったり、歩行者が見えなかったりと、事故にもつながってしまいます。 緑内障っと一言で言っても多くの種類があり、その多くの種類を3つに分類する事ができます。

□原発緑内障
若年者からかかる事のある「原発緑内障」、30代や40代の働き盛りの方がかかる事もあって、主に、原因は未だに解明されていません。

原発緑内障には2種類あり、「開放隅角緑内障」「閉塞隅角緑内障」とあります。

「開放隅角緑内障」は、原発緑内障のほとんどが、この開放隅角緑内障っと言われています。

「閉塞隅角緑内障」は、隅角っと言われる所が生まれつき狭いことが原因ですが、加齢とともに進行するので、60代の女性に多いっと言われています。

□続発緑内障
続発緑内障も、2つの種類に分けられていますが、原発緑内障と違うのは、原因がはっきり分かっているっと言う事です。

続発緑内障の原因は、主に、「糖尿病」や「白内障」が原因になっています。

他にも、目の炎症を伴う病気が原因になっていることが多いです。

□発達緑内障
発達緑内障は、唯一子供のかかる事のある緑内障で、そのほとんどが、先天性のものが原因になります。

まれに、成人してから発症する事がありますが、ほとんどが、0歳~10歳までに発症する事が多いです。

特に1歳を過ぎてからの発症が多いので、何か気になる場合には、検診時などに相談すると専門医などを紹介してくれるので相談してみましょう。

緑内障の治療と予防方法

緑内障は、日本では、40歳以上の方、30人に1人がかかっているっと言われています。

また、日本で失明してしまう原因のトップが、緑内障だっと言う事がわかっています。

失明の危険もある、緑内障の治療方法は、主に、眼圧を下げるレーザー治療が行われます。

眼圧が下がることで、症状が改善したり、緩和する事が多いので、少しでも緑内障の症状かな?っと思ったら早いうちに眼科で検査を行う必要があります。

また、症状が初期の場合や、手術後に点眼する事が多い薬物治療でも、症状の緩和などが望めます。

しかし、症状が最近落ち着いたからといって点眼を途中で中止するとまた症状が進行する事があるので、医師の指示があるまで点眼を続ける必要があります。

点眼薬には、交感神経刺激薬・交感神経遮断薬・副交感神経刺激薬・プロスタグランジン関連薬・炭酸脱水素阻害薬・高張浸透圧薬があります。

症状に合わせて、点眼薬も変わってきますが、内服薬の場合には、重篤な副作用が起きる可能性があるので、処方された場合には、医師、薬剤師の説明を良く聞く必要があります。

また、点眼薬、内服薬、レーザー治療でも眼圧の改善がみられない場合には、手術を行う事もあります。

これも眼圧を下げる手術で、完治する手術ではありません。

医学の進歩によって、昔は難しい手術でしたが、最近では安全に眼圧を下げる事ができる手術なので、様々な治療法で改善されない場合の方にお勧めです。

しかし、どの治療も、眼圧を下げるだけの対処療法になり、根本的な治療法法はまだありません。

また、失明してしまった場合には、視力を回復させることはできないので、少しでも変だな!っと思ったら、眼科を受診しましょう。

また、緑内障の予防方法は、糖尿病などの生活習慣病にならない様にきをつけることやビタミンなどを多く摂取する事も大切になります。

静かに進行する緑内障から大切な目を守る為には、とにかく、違和感があった場合には、すぐに眼科を受診する事が大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ