帝王切開での出産

帝王切開っと言うと、昔は、嫌なイメージっと言うか、世代によっては、「出産では無い」っと言う人もいるでしょう。

中には、「苦しんで産んでない」など嫌味を言われたり、言ってしまったりした事がある方もいると思います。

が、実は帝王切開も、本当に大変な出産で、10月10日もの長い間、赤ちゃんをお腹の中にいれて、中には、大きな不安を抱えたり、病気を抱えての手術になる方もいると思います。

そんな、帝王切開について、まとめてみたいと思います。

まず、帝王切開っとは、母体や胎児に危険が迫っている場合や、通常の経膣分娩での出産では母体や胎児に命の危険がある場合に行われる手術です。

帝王切開には、2種類あり、一つは、「予定帝王切開手術」と、二つ目は、「緊急帝王切開手術」っと言います。

その名の通り、予定帝王切開は、前もって予定を組んで帝王切開を行う事を指し、緊急帝王切開は、急いで胎児を出さなければ、母体や赤ちゃんの命に関わる場合に行われます。

基本的には、予定帝王切開の方が行われる手術としては多いですが、通常の経膣分娩中に緊急帝王切開に切り替わる事もあって、日本でも、帝王切開で出産する人は出産される方の20%もいるんです。

つまり、5人に1人は、帝王切開での出産をされているっと言う事です。

帝王切開での出産になる原因は、多くありますが、中でも最も多いのが「逆子」です。

ついで、「前置胎盤」「重度の妊娠中毒症」「双子」「前回が帝王切開での出産の場合」「児頭骨盤不適合の場合」「性感染症に感染している場合」などがあります。

また、緊急帝王切開では、「早期破水後24時間以上経過した場合」「赤ちゃんが低酸素状態」「子宮破裂」「母体の消耗が激しい場合」など様々な原因で手術となります。

産後は、開腹部の痛みがありますが、極力、痛みを取れる様、痛み止めなどが処方されるので、それほど心配する必要はありません。

帝王切開手術には開腹の仕方が2種類あり、縦と横、皮膚の部分のきり方が違ってきます。

縦では、傷跡が多少目立ちますが、出産以外になにか問題があった場合などにも対応でき、安全に手術する事ができます。

横では、皮膚の部分は、陰毛の少し上を切るので、術後の傷跡が目立ちません。

しかし、子宮は、縦に切るので、多少のリスクがあり、出産以外の処置がある場合や、緊急の場合には行う事ができません。

この他にも、術後翌日には、立って、歩く事で、肺血栓症の予防になるので、翌日には歩行を行います。

この様な説明を術前に執刀医などに説明を受けてから手術に望みます。

最近では、安全な手術として知られるようになり、希望して帝王切開手術を行う方もいる様ですが、手術ですので絶対安全とは言えませんので必ず医師の説明を良く聞く事が大切です。

帝王切開で得をした!

帝王切開手術は、痛いし、怖いし、あまり良い思いを描かない方も多いと思います。

ここでは、帝王切開手術での良い面を記載したいと思います。

まず、帝王切開は、開腹手術をして、術後は辛い痛みが待っているっと思っている方、実は、帝王切開後は確かに、開腹部が痛いです。

しかも、翌日から歩行が開始されるので、更に辛い…

でも、術後は、痛みを取る為に痛み止めの処方がありますので、薬を飲んだ後は意外と動ける様になります。

また、経膣分娩の場合には、4日~7日で退院になりますが、帝王切開では、7日~2週間入院するので、その間、ゆっくり休む事ができます。

経膣分娩の場合には、分娩後、自分の足で赤ちゃんに会いに行かないといけませんが、帝王切開の場合には、看護婦さんが病室まで連れてきてくれたりっと至れり尽くせりの生活ができます。

この時間は、とっても大切で、母体の開腹と、産後、大変な時期を1日でもゆっくり過ごせるのは大切な事です。

そして、分娩費用ですが、帝王切開術は、保険診療内なので、高額療養費や限度額認定書などの申請を行う事ができます。

また、任意の医療保険に加入されている場合には、入院期間中の給付金が支給される事があります。

その為、出産一時金で支給される42万円+任意医療保険給付金っとで、医療費がほとんどかからなかったり、幾らか+になる事があります。

この様に、帝王切開は、決して悪い面だけではありません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ