赤ちゃんの薬 飲ませ方

赤ちゃんが風邪をひいてしまった時、親はあわてて病院に行き、診察をしてもらうと思います。

そして、診察後、ほとんどのばあいが、処方箋を処方してもらい、薬局で薬を処方してもらうことがあると思います。

しかし、あまりに小さな子供や赤ちゃんを抱えながら、処方される薬の飲ませ方などを聞き忘れてしまったなんて事1度はあると思います。

そんな時は、是非このブログで赤ちゃんの薬の飲ませ方を確認してみて下さい。

まず、薬の飲ませ方で必ず確認していただきたいことがあります。

「薬を混ぜて食べて良い飲み物、食べ物」

基本的に粉薬を混ぜてよいものは、「水」「白湯」「イオン水」「ゼリー」「プリン」などですが、抗生物質など、欠かさず飲まなければならないものや、プリンなどの味が変わってしまう粉薬は、事前に薬剤師から注意があったり、貰える薬の説明書などで記載してあるので確認して下さい。

薬を混ぜて飲まないほうが良いものは、「ジュース」「牛乳」特に柑橘類のジュースでは味が苦くなったり、副作用が出る場合があるので避けましょう。

牛乳も、薬の成分が変わってしまうものがあったりするので気をつける必要があります。

絶対に混ぜて飲んではいけない物は、「ミルク」「離乳食、ご飯」「熱い、冷たい飲み物」。

ミルクや離乳食、ご飯に薬を混ぜてしまうと、味の違いに驚き、次の薬を混ぜていないものを食べなくなってしまう場合があるので混ぜて飲ませてはいけません。

熱い、冷たい飲み物は、薬の成分が一部変わってしまったり、お腹の機能が低下し、十分に薬が効かない場合があります。

上記の物の中で、最も薬を飲ませるのに良いのは、「お水」「白湯」「イオン水」が良いとおもわれます。

特に熱がある場合や、下痢をしている場合には、イオン水などで水分を補給する事も治療のひとつになるので、最もお勧めなのは「イオン水」です。

赤ちゃんに薬を飲ませる

ミルクしか飲んだ事の無い赤ちゃんに薬を飲ませるのは、大変な事です。

ミルクに混ぜて薬を飲ませると、味が変わってしまい今後のミルクを飲まなくなったり、飲みが悪くなったりします。

また、ミルクに混ぜてしまうと、残してしまったときに、薬も多少残ってしまうので、効きが悪くなってしまう事があります。

その為、赤ちゃんにミルクを飲ませる方法をご紹介します。

□スポイトなどで、少しづつ飲ませる

水や白湯、イオン水などで、溶いた薬をスポイトなどで1滴ずつ飲ませる方法です。

スポイトなどを用意するのが難しい場合には、哺乳瓶の吸い口だけを赤ちゃんに吸わせ、水分で溶いた薬を少量づつ飲ませる方法もお勧めです。

□ほうや上あごに薬をつける

粉薬が少量の場合には、手の平やお皿で少量のお水で粉薬を溶いて、ちょっと粘り気の薬の団子を作り、赤ちゃんのほおの内側や上あごに塗りつけてからミルクやイオン水などをあげて下さい。

ここで注意が必要なのは、舌n上にのせてしまっては、苦い味がしたりする薬もあるので、全部出してしまう可能性があるので、必ず舌以外の口の中に入れてあげてください。

また薬を飲ませる時間帯は、抗生物質の様に飲む時間が決まっていないものは、赤ちゃんが空腹時にあげるのが最も良いです。

そして、なにより、薬を飲ませるときには、必ず手を洗い、飲む直前に薬の封を開封しましょう。

長い時間開封してから置いておくと、赤ちゃんの粉薬は、細かく、ちょっとした風で飛んでしまう可能性があったり、水分に溶かしてから数十分たってしまうと、薬の成分が変わってしまうこともあるので、飲む直前に開封しましょう。

赤ちゃんが薬を飲まない

赤ちゃんが処方された薬を飲んでくれない場合、まず、その原因を考えましょう。

ただ、薬の味が嫌で飲んでくれない場合には、上記の薬を飲ませる方法を試してみて下さい。

それでも飲んでくれない場合には、翌日、同じ病院を受診し、味の違う薬を処方してもらうか、注射や点滴などで投与してもらう方法もあります。

それは、十分医師と相談をして、赤ちゃんの体調に合わせて処置を考えてもらえます。

また、嘔吐の症状がでる風邪やウイルスに感染していて、薬どころか、水分も補給できない場合には、すぐに医師の診察が必要です。

脱水症状にならない為に点滴などの処置が必要になる場合がありますが、脱水症状が改善されないと、水分補給ができない場合があるので、必ず医師の診察を受け、必要な処置受けましょう。

1歳を過ぎた赤ちゃんの場合には、好きなゼリーや薬を飲ませるのに使われるゼリーなどを利用して薬を飲んでもらうこともできます。

その際には、ゼリーなどと混ぜて飲ませて大丈夫な薬かどうか確認を行って下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ