ものもらい 症状と原因

ものもらいとは、目の病気の一種で、まぶたに出来物ができる症状を言います。

ものもらいの正式名称は、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」っと言います。

どちらも、症状や原因、治療方法は違いますが、ものもらいっと診断される事があります。

まぶたの構造は、表面が皮膚で、裏側は結膜でできています。

この間に、まぶたを上下に動かしてくれる筋肉があり、脂腺や汗の出る分泌腺が多い事から分泌腺などから細菌が入り、炎症を起こし腫れたり、痛みや腫れを引き起こします。

まぶたに入る細菌の代表的なものは、日常生活の様々なところに存在する「黄色ブドウ球菌」が原因の細菌で、「麦粒腫」の別名を急性可能性炎症とも言われます。

「霰粒腫」の原因は、分泌物からの排泄が上手くできず、まぶたの中の袋状のところに、排泄物が溜まってしまう事が原因ですが、疲れがたまっているときになど、なる事もあります。

症状としては、排泄物がたまって腫れた部分では痛みはなく、目を動かすと、ゴロゴロとした感じや、目の違和感を感じる事があります。

また、急激に患部が腫れた場合には、目が赤くなったり、圧迫される事で痛みを感じる事もあります。

この「霰粒腫」は、高齢者の場合、良性腫瘍や悪性腫瘍である場合もあるので必ず専門医に診察してもらう事が大切です。

この他に、麦粒腫でも霰粒腫でも無く、デルモイドっと言われる先天性の腫瘍である場合もあります。

ほとんどが良性で、髪の毛や歯の組織が誤ってまぶたに入ってしまう事が原因で、手術で摘出する事ができます。

ものもらい 治療と予防

ものもらいの治療法法は、炎症を起こしている場合には抗生物質を使って炎症を抑える治療を行います。

点眼薬や軟膏など、ひどい場合には内服薬を使用する場合もあります。

妊娠中の方は、たかが目薬でも必ず、医師に妊娠している事を告げ、付けても大丈夫な薬を処方してもらいましょう。

また、目薬の場合は、目薬をさしてから数分上を向き、鼻の付け根を抑えていると、目薬が喉に流れず、目で止まるので、妊娠中以外で目薬をつけるのを考えている方は行ってみてください。 麦粒腫の場合には、4日~5日程度で回復します。

そして、ものもらいが処方薬で治らない場合、患部をメスで切開して、膿を出す方法もあります。

霰粒腫の治療方法は、対して違和感や痛みが無い場合には、自然に治るのを待っても大丈夫です。

しかし、痛みがあったり、違和感が強い場合には、患部を切開して患部の老廃物を摘出する方法もあります。

この手術は簡単で、痛みもなく、麻酔で15分程度で終わってしまいます。

しかし、手術ですので、医師の説明を良く聞き、術後の生活など、心配な事は何でも質問してみましょう。

ものもらいの予防方法は、まず疲れをためない事が大切です。

また、アイメイクをしたら、必ず、しっかりとクレンジングをして、まぶたの腺を清潔にしておきましょう。

そして、コンタクトレンズを使用している人は、コンタクトレンズを毎日洗浄して綺麗なものを使用するようにしましょう。

目を強くかいたり、前髪が目にかかっているなども原因になる事があるので注意が必要です。

しかし、完全にものもらいの原因になる黄色ブドウ球菌から目を完全に守る事はできません。

目に違和感を感じたら、炎症が酷くなる前に、病院で診察を受ける事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ