ドライアイ 症状と原因

ドライアイっとは、特に先進国で増えている現代病で、目の表面に薄く張っているはずの涙の膜が減少したり、変化が現れる事で目の健康が損なわれます。

通常、目には薄い涙の膜が張られて、細かいゴミなどから目を守ってくれていますが、目の表面の涙が減少する事で、目にゴミがついたり、表面に傷が付いたりしてしまいます。

ドライアイの症状は、涙が蒸発してしまう事から、目の乾燥をうったえる方が最も多く、酷くなると目が閉じなくなったり開かなくなってしまう事もあるようです。

他に、目の疲れ、違和感、光がまぶしく感じる、視力の低下、結膜炎などの感染症にかかりやすくなっている、視界がかすんで見える、などの症状があらわれます。

また、10秒以上目を開けていられないなどの症状があるときは、ドライアイである事が多く、すぐに病院に受診しましょう。

ドライアイになってしまう原因は、冷暖房などの空気で乾燥する事やテレビゲームやパソコンなどで目を酷使する事でなります。

また、コンタクトレンズを使用している人の40%もの人がドライアイに、一般的なオフィスで仕事をされている人で30%もの人が、ドライアイになってしまっているっと言われています。

ドライアイ 治療と予防

目の痛みの原因は様々ですが、代表的な症状で、目の痛みとゴロゴロするなどの症状の場合、目の中に何か異物が入り込んでいる場合があります。

人間は寝ている間にも目を開けている場合があり、その時に、ゴミなどが入ってしまう場合があります。

また、ゴロゴロ以外に目が痛くて開けていられない場合には、「ドライアイ」などの病気も考えられます。

ドライアイの場合、市販で売られている薬で良くなったっと言う人もいるでしょうが、まずは医師の診察を受けてから、目に傷が無い事を確かめてから市販の目薬で代用できるか相談する必要があります。

ドライアイが進行すると、眼球の表面に傷が出来、合っていない薬を使う事で、傷に沁みてしまい、痛みが激しくなる場合があります。

他にも、初期のものもらいでもゴロゴロっとする症状をうったえる方がいます。

ものもらいの場合には、まぶたが赤く腫れたりするので1度でも患った事がある人は初期のうちに発見することが出来る様です。

角膜炎でも、目の中の異物感や視力の低下、まぶしく感じる症状があります。

ぶどう膜炎では、まぶしく感じる他、目の前にゴミがあるように感じます。

緑内障でも視力低下や視野が欠けてしまうなどの症状の他に、目の痛みや疲労感、頭痛などが症状っとして現れます。

この様な、目の痛みの原因っと言っても、多くの種類の病気があり、痛みだけでは、はっきりっとした病気を特定するのは難しいです。

医師の診察を受け、しっかりと、原因を究明し、治療を行う事が大切です。

中には、ほっておくと、失命してしまう危険な病気もある為、症状が現れたら、極力早めに病院を受診しましょう。

眼の痛めで頭痛?

ドライアイの治療には、目薬を指す事から、涙が流れてしまう穴を塞ぐ手術まで様々ですが、多くの人が、目薬の使用で症状が改善する様です。

ドライアイの治療の為に使われる目薬は、人の涙に近い人工涙液を点眼します。

更に、ヒアルロン酸が主成分の目薬も治療に使われたり、まぶたの一部に塗る油層の役割をはたしてくれる塗り薬などの処方もされる事があります。

自分にあった点眼液を探す為にも、必ず、医師に診断してもらい、必要な目薬を使う様にしましょう。

手術では、涙点プラグっと言うものを涙が流れだす涙点に差し込むもので。症状がひどい場合などに利用される事が多い手術です。

手術では、点眼麻酔をかけてから行う為、術中の痛みなどは特にありません。

この手術は、保険適応の手術なので、治療費っとしては、3000円~5000円程度で受ける事ができます。

しかし、この涙点プラグにはまだ、問題も多く、涙っと一緒に流れるはずの老廃物や異物などが流れず、目に留まってしまう事から様々な悪影響がある場合があります。

他にも、プラグに違和感を感じる方がいたり、別の病気を合併症っとして起こす場合もあるので、手術を行う際には、十分に医師と相談し、行う必要があります。

ドライアイの予防方法としては、意識してまばたきを行う事がもっとも大切で、長い時間のデスクワークなどを避け、数時間おきに、目の休憩時間を作る事が大切です。

また、空気が乾燥する冬の時期だけ、ドライアイを発症する方もいるので、加湿器や濡れタオルなどで、部屋の湿度を上げる必要もあります。

コンタクトレンズを使用する場合には、長時間の使用は避け、コンタクト用、ドライアイの目薬を使用し、目の乾燥を抑えることも大切です。

良く知られていませんが、タバコの煙もダライアイの原因になる為、タバコの煙を避ける事も大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ