目の痛み 原因と改善方法

一口に「目の痛み」っと言っても様々な痛みとそれに付随した様々な症状があると思います。

例えば、視野が欠けてしまう、視力の低下、目が開けられない、の他にも何か、目の中がゴロゴロするなどの症状があります。

ここでは、代表的な目の痛みから分かる、目の病気についてご紹介します。

しかし、自己判断はせず、必ず医師に診察をしてもらうことをお勧めします。

市販の目薬も、病気や症状に合ったものを使わないと、視力低下や症状の悪化など、最悪、失明してしまう場合がありますので、注意して下さい。

目の痛み 原因

目の痛みの原因は様々ですが、代表的な症状で、目の痛みとゴロゴロするなどの症状の場合、目の中に何か異物が入り込んでいる場合があります。

人間は寝ている間にも目を開けている場合があり、その時に、ゴミなどが入ってしまう場合があります。

また、ゴロゴロ以外に目が痛くて開けていられない場合には、「ドライアイ」などの病気も考えられます。

ドライアイの場合、市販で売られている薬で良くなったっと言う人もいるでしょうが、まずは医師の診察を受けてから、目に傷が無い事を確かめてから市販の目薬で代用できるか相談する必要があります。

ドライアイが進行すると、眼球の表面に傷が出来、合っていない薬を使う事で、傷に沁みてしまい、痛みが激しくなる場合があります。

他にも、初期のものもらいでもゴロゴロっとする症状をうったえる方がいます。

ものもらいの場合には、まぶたが赤く腫れたりするので1度でも患った事がある人は初期のうちに発見することが出来る様です。

角膜炎でも、目の中の異物感や視力の低下、まぶしく感じる症状があります。

ぶどう膜炎では、まぶしく感じる他、目の前にゴミがあるように感じます。

緑内障でも視力低下や視野が欠けてしまうなどの症状の他に、目の痛みや疲労感、頭痛などが症状っとして現れます。

この様な、目の痛みの原因っと言っても、多くの種類の病気があり、痛みだけでは、はっきりっとした病気を特定するのは難しいです。

医師の診察を受け、しっかりと、原因を究明し、治療を行う事が大切です。

中には、ほっておくと、失命してしまう危険な病気もある為、症状が現れたら、極力早めに病院を受診しましょう。

眼の痛めで頭痛?

良く、めまいが原因で、頭痛がするっと言う経験をお持ちの方は多くいるでしょうが、実は、眼の痛みが原因でも頭痛が起きる事があるんです。

病気や進行状況によっても変わってきますが、一般的に眼精疲労が原因でも、眼の奥の痛みと頭痛を感じる事があります。

また、緊張型頭痛っと言う頭痛が原因でも、眼の奥に痛みが出る事があります。

緊張型頭痛の場合には、眼の奥の痛みと、肩こりなどの症状も出るので、症状がひどい場合には内科や眼科を受診してみてはいかがでしょうか?

緑内障の場合、眼の奥の痛みの他に視力の低下なども出るので、その様な症状が確認できたら、すぐに眼科を受診しましょう。

眼の痛みが原因で、最も恐い病気は、脳腫瘍、脳動脈瘤で、早期発見が大切な病気です。

個人で判断せず、必ず医師に相談して、きちんと、病気にあった治療を行う必要があります。

診察後、原因が偏頭痛だった場合、ツボを押す事で治療を行ってくれる所もあるので、自分にあった治療方法を見つけるのも大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ