水虫とは

水虫とは、白癬菌(はくせんきん)っと言うカビが、皮膚に感染して起きる皮膚のトラブルです。

皮膚科に診察に行くと、白癬菌がいるであろう患部の皮膚(角質)などを一部採取して顕微鏡検査の結果、白癬菌が見つかると水虫っと診断されます。

水虫っと言っても実は、4つに分類されていて、症状な感染部位によって名前が変わってきます。

□趾間型水虫(しかんがた水虫):特に足の指と指の間に見られる水虫で、典型的な水虫のタイプで特に患者が多いタイプです。

□小水疱型水虫(しょうすいほうがた水虫):粘り気のある液体を含んだ水泡が土踏まずなどに現れる水虫です。

□角質増殖型水虫(かくしつぞうしょくがた水虫):かかとなど角質が固い部分に白い粉が出たり、かさかさするのが特徴の水虫です。

あかぎれやひびわれる事もあって、ただの乾燥っと勘違いしている方も多いです。

□爪水虫(つめ水虫):名前の通り、爪に菌が入りこみ発症します。

足の爪だけでなく、手の爪にも感染する事があるので、注意が必要です。

爪が白くなったり、黄褐色になります。

ほとんどが無症状の為、進行してから診察にくる方も多いです。

他にも、頭部にできる「シラクモ」体にできる「ゼニタムシ」股部にできる「インキンタムシ」など実は多くの水虫種類があり、体のありとあらゆる場所に感染します。

水虫の症状

代表的な水虫の症状は、感染した部分の皮膚がただれたり、剥がれたり、小さな水泡などができるなど、見た目だけでも分かる水虫もあります。

中には、角質がポロポロとれていくだけだったり、爪の色が変わるだけ、頭部の水虫の場合には、痒みを伴い、フケが増加するなどの水虫っとは結びつけずらい症状の場合もあります。

どの水虫にも言えることは、湿度や温度が上昇している所で、感染、繁殖しやすいっと言う事です。

頭部の水虫の場合、ヘルメットや帽子を長い間かぶっている事が多いことなどが原因になりますし、足の水虫の場合も、毎日同じ革靴など風を通さない靴などを長い間はいている場合などが水虫になりやすいです。

しかし、この様な症状があるからっと言って、必ず水虫であるっとは限りません。

アトピー皮膚炎や皮膚カンジダ症など、別の皮膚のトラブルである場合もあるので、一人で診断して市販の薬を使う事は極力避け、必ず医師に診察してもらいましょう。

水虫の治療方法

水虫の治療方法で大切なんは、根気強く治療を続ける事で、水虫は症状が改善したからっと言って完治したわけでは無い事が多いので、医師の許可が出るまで、長い治療が必要になります。

そして、水虫は市販で売られている市販薬でも治るっと思っている方もいる様ですが、実際には、水虫でも症状や患部が違う為、治らないケースもあり、なかには症状を悪化させてまうこともあるので、必ず医師の診察を受け、症状や患部にあった薬を処方してもらうことが大切です。

治療薬としては、軟膏、液体タイプ、エアゾールタイプ、クリーム剤などの種類があり、中には飲み薬が処方されるばあいもあります。

このどの薬にも原因菌である白癬菌に効く薬が配合されているので、どのタイプの薬でも効果があります。

水虫の薬での副作用は、塗り薬で命に関わる副作用は無いっと言われています。

しかし、中には、患部が腫れてしまったりする場合もあるようなので、処方してもらった時に、副作用について十分理解して使用する必要があります。

また、妊娠中や授乳中でも水虫は待ってくれません。

胎児や赤ちゃんにどの様な影響があるのか、必ず医師、薬剤師に相談する必要があります。

たとえ塗り薬だけでも、必ず、相談し、妊娠、授乳中でも使える薬を処方してもらいましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ