予防接種 風疹、麻疹

風疹と麻疹の予防接種は、風疹と麻疹に感染しにくく、感染しても重症化する事を防ぐ為に打つ予防接種です。

2006年までは、2つとも別々に接種していましたが、2006年4月から同時に1つのワクチンで接種することができる様になりました。

風疹、麻疹予防接種のスケジュールは、2回接種が必要です。

接種間隔は、満1歳の時と、小学校就学前の1年間に接種することが望ましいっとされています。

風疹に感染しても、子供は重篤な状態になることは少ないのですが、妊娠初期の女性が風疹に感染すると、母体だけでなく胎児にも影響があり異常児が産まれる可能性があるっと言われています。

風疹の症状は、風邪の様な症状っと顔や体に赤い斑点ができます。

また、頭の後ろや首、脇のリンパが腫れる事もありますが、小さな子供が感染しても元気でいる事が多いのが症状なので、風疹っと診断するのが難しい場合もあります。

感染した子供の中でも、3000人に1人の割合で、血小板減少性紫斑病っと言う、毛細血管の破損っによって四肢に紫斑ができる病気になる子供がでます。

脳症では6000人に一人おきるっと言われていて、そうなってから初めて風疹っと診断される場合も少なくありません。 麻疹(はしか)の症状は、咳、発熱、鼻水、目やに、結膜充血などの症状が見られますが、病院では、風邪っと診断されてしまう場合もある為、生活している周りで麻疹が流行っていないか必ず確認する必要があります。

そして、熱が下がるっと顔や首に赤い発疹が出ます。

麻疹ウイルスは強い感染力を持っていて、日本は一生に1度は感染するっと言われています。

感染後、しばしば重症化する事があり、年間50人もの子供が麻疹が原因で亡くなっています。

その為、各市区町村では積極的に予防接種を受ける事を進めていて、現在では接種率も70%代にまで上がっています。

重症化しにくい、風疹と、重症化すると命に関わる麻疹、両方の病気を2回の接種で予防できるので、接種を受ける事をお勧めします。

風疹、麻疹予防接種の副作用

風疹と麻疹のワクチン、通称MRワクチンっと呼ばれています。

風疹(rubella)のRと、麻疹(measles)のMの頭文字を取って、MRワクチンです。

風疹と麻疹ワクチンは、期限内であれば公費で接種することができます。

MRワクチンの副作用っとしては、注射した部分が赤く腫れたり、発熱、体に発疹が出たりします。

注射後、10日程度で上記の症状が出た場合には、副作用であることが多いでです。

1回目の接種の方が、副作用が出る確率が高く、2回目は1回目よりも副作用の出る確率がかなり下がります。

接種後、注意したい事としては、一般的に接種後は激しい運動を控える必要があるっと言われています。

入浴はかまわないっと言われる場合もあるようですが、高熱がある場合や具合が悪くぐったりしている場合などはすぐに医師の診察を受けましょう。

接種前にも、以前熱性痙攣などを起こしたことがある方などは十分に医師と相談する必要があります。

また、抗体が無く、成人後、予防接種を受ける場合にも、主治医の説明を良く聞き、注意喚起は十分理解した上で接種することが大切です。

風疹、麻疹の予防接種で強い副作用が出る事はマレです。

将来の赤ちゃんの為にも、予防接種を受ける事をお勧めします。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ