予防接種 三種混合(dpt)

三種混合(dpt)は、ジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種類のワクチンが一緒になっているので三種混合っという名前が付いています。

1回の接種だけでは十分な免疫ができない事から3回の接種+追加で1回の接種を行います。

追加接種では百日ぜきを除いた二種混合ワクチンを接種します。

三種混合で予防できる病気には、ジフテリア菌の感染で起こる感染症であるジフテリアの予防ができます。

ジフテリアの症状は、喉の痛み、咳などと、高熱が出ます。

神経麻痺や心筋炎などを併発することもあり、命に関わる場合もあります。

日本国内では現在確認されていませんが、近隣諸国では未だに確認されている病気なので安心っとは言えません。

百日ぜき菌によって感染する百日ぜきは、小さい赤ちゃんが感染してしまうと呼吸困難などになってしまう事があり、子供が小さければ小さい程、命に関わる可能性が高くなってしまいます。

百日ぜきの症状は、咳が出る事が症状で、治療が遅くなってしまうと咳は酷くなり長期間に渡って咳が出る事が症状になっています。

破傷風菌によって感染する破傷風は、空気感染などではなく、土の中にいる破傷風菌が、傷口などから感染する事で感染します。

症状は、痙攣などを起こし、神経症状が出ます。

死亡率の高い病気で、日本の土の中にもいるので、いつでも感染してしまう危険があります。

三種混合の副反応

三種混合の副反応は、注射した患部が赤く腫れたり、しこりが出来たり、痛みが出たりします。

また、発熱が出たり、やけに不機嫌になったりっと副反応は様々出る事がありますが、1週間程度で症状のほとんどが改善します。

三種混合は、計4回の接種を行いますが、接種回数を重ねる事によって副反応が出る事が多くなります。

三種混合の接種により、重篤な副反応が出る可能性もありますが、脳症や痙攣などを起こす場合が、100万人中0,24人です。

また、その中で死亡してしまう場合も100万人中0,04人、後遺症が残る場合でも0,07人っと他の予防接種よりも重篤に陥る危険は少なくなっています。

が、0ではないのは、親にとっては、心配の種です。

かかりつけ医などを事前に見つけておき、接種後、少しでもおかしな場合には、医師の診察を受けましょう。

また、副反応が恐いからと、接種を控えてしまう方がいるようですが、接種をしないと、大人になってからも怪我などから破傷風など、恐ろしい病気になってしまう場合もあります。

赤ちゃんの将来の為にも、接種を受けましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ