ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、突然襲ってくる腰痛のことで、医学用語では「急性腰痛症」っと呼ばれています。

ぎっくり腰は、日常の普通の動作「洗顔」「くしゃみ」などの決して重いものを持っていないときにもなる腰痛で、中世の西欧では「魔女のひと突き」っと呼ばれていました。

ぎっくり腰の原因は、昔は年配の人や腰を曲げた姿勢や重いものを持つ仕事の人(引越し業者やパチンコ店従業員)などの人がなるっと認識されがちでしたが最近では長い間同じ姿勢でいる事が原因だっと分かってきました。

また、運動不足や、急激な体重の増加なども原因とされています。

その為、ぎっくり腰は、若年層でもなる様通であることが分かっています。

そして、腰の持病を持っている人も「ぎっくり腰」になりやすいっと言われています。

ぎっくり腰の症状と治し方

ぎっくり腰になってしまった場合、一番大切なのは、「安静」です。

それほど酷くないぎっくり腰の場合には、無理して病院などに行くよりも自宅などで安静にしていたほうがよっぽど効果的な初期治療になります。

家族や知人の協力が必要ですが、ぎっくり腰の場合にはみんなに甘えてゆっくり休む事が大切です。

次に大切なのは患部を冷やすことが大切です。

ぎっくり腰は、患部に疲労がたまり腰椎部分の炎症でおこります。

これは足に例えると、捻挫と似たものなので、患部を冷やす事が大切になります。

理想的なのは、アイスノンなどの氷にタオルを巻き、低温やけどをしない程度に患部を冷やします。

アイスノンが無い場合には、湿布や冷えピタなどを代用してもかまいません。

安静と冷やす事は初期治療の基本なので、これをするだけで、早期の回復ができます。

何度かぎっくり腰を経験された方だと、患部を固定することのできる「コルセット」などをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

コルセットなどをお持ちの場合には、冷やした後、患部を固定することをお勧めします。

また、動けないほどの痛みの場合には、必ず専門医に診断をしてもらって下さい。

その中でも、特に注意が必要な症状は、

○足のシビレがある
○体勢を変えても痛い
○発熱がある
○体勢も変えられないほど痛い
○腰の痛み以外に別の症状がある
などの場合、ぎっくり腰ではなく、腫瘍などの別の病気が隠れている場合もあるので、早急に病院を受診する事をお勧めします。

ぎっくり腰で、もっとも恐いのは、慢性化してしまうことで、安静にしていた期間に腰のほか、様々な筋肉が衰退している可能性があります。

しかし、若年層の方ほど多少動ける様になると「治った」っと思い込み、動き回っていると、多くの人が再発してしまう事があります。

再発や慢性化を防ぐ為にも、動きだす時には、無理をし無い事、痛みが無くなっても腰に負担をかけないことなどが必要です。

また、>接骨医院、針灸接骨院、整体、整形外科などの専門医に自分の腰が現在どの様な状態なのか確認をしてもらい正しい姿勢に戻るようにアドバイスをしてもらいましょう。

また、知らなかった腰痛の原因も判明することもあるので、根本的な原因の解決にもつながります。

痛みが無くなったら専門医の診断を受ける事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ