わきがとは

わきがとは、別名「腋臭症」っと言われるもので人によっては疾患としても扱われています。

わきがの原因は、わきの下のエクリン腺っと言われる汗が出る部分から特有の臭いがします。

原因はわきから分泌される汗と皮脂腺から分泌される脂肪分が混ざり合い皮膚やわきの下にいる細菌によって分解される事で臭いがします。

また、わきや陰部の毛が臭いの原因になることもあり、気になる方は、専門医への相談が必要です。

わきがは遺伝することもあり両親がわきがの場合、その子供には80%もの確立で遺伝し、片親のみわきがの場合でも50%が遺伝であることが分かっています。

わきがの治療

わきがの治療には様々な治療方法があります。

その中でも、最も簡単なもので保存療法として、腋毛の処理があります。

腋毛を処理することでわきにかいた汗や脂肪分を溜め込む事を阻止します。

腋毛の処理は、女性は特に気をつけている人がいるでしょうが、腋を傷つけてしまうと、制汗剤などの利用が出来なくなってしまう事があるので注意が必要です。

病院などで行う治療として「ボトックス注射」っと言われる注射がありますが、1回の注射で4ヶ月から6ヶ月の効果と、完治するわけではありません。

他にも手術療法として「吸引法」「剪除法」「皮下組織削除法」「切除法 」などがありますが、どれも専門医と十分相談の上行うものです。

特に若い人は、再発することもあるので、その様な注意事項の確認も必要です。

日本では、わきがは「不潔」などと思われる傾向にあるようですが、海外では国民半数以上がわきがをもっているなどの理由からそれほど問題視する人は少ないです。

わきがはお風呂にきちんと入っても治ったり臭いが軽減するわけではないので、わきがが原因でうつ病になってしまう人もいます。

決して一人で悩まず、専門医や皮膚科の先生に相談すると、自分にあった治療方法などを紹介してくれるはずです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ