乳児検診 2歳

2歳の乳幼児健診では、1歳の時とほとんど内容は変わりませんが、2歳になると自分の体の部位が分かり触る事のできる月齢で、大人の真似を始める頃です。

育児を終えた方がたがつけた名称で、2歳は「魔のイヤイヤ期」っと言われるほど、両親の言う事を聞きません。

なんでも「イヤイヤ」っと何でも嫌がる年頃なので、親のストレスは半端ない時期です。

2歳児検診では、子供の事だけでなく、親のストレスや育児に対する考え方、「魔のイヤイヤ期」の乗り越え方などを教えてくれます。

また低いテーブルや床に置いてあるものなど何でも口の中にいれ遊ぶ時期で、お風呂などでおぼれてしまう事故がとても多い時期なのでその様な事故を防止する対策なども教えてくれるので必ず検診を受ける事をお勧めします。

自分でスプーンやホォークを使って食事ができる時期なので、食への関心度もたかまりますので、保健所などの相談員に美味しい食事の作り方などを聞く事もできかなり参考になります。

また、夏の時期にはオムツをはずすトレーニングも必要になり始めての育児を行う両親にとっては大変な時期です。

無理にトイレに閉じこめてしまったりするとオムツが外れる時期が遅れてしまうのでこれも相談をして、自分の家庭環境にあったトレーニングをする必要があります。

1歳6ヶ月検診までは子供の成長を主に見てきましたが、2歳児検診移行は、子供の精神的状況や両親・親族の精神的状況など多くの問診がありますが、育児にかかりっきりの場合息抜きにもなるので検診を受けるようにしましょう。

乳児検診 3歳

3歳児検検診では1歳6ヶ月・2歳と対して大きく変わる検診内容は無いものの、幼稚園の就学前検診として大切な検診です。

2歳までは無かった検診内容として、O脚・X脚の確認、停留睾丸、陰のう水腫、臍ヘルニアなどの確認があり乳児検診の中では一番確認項目・検査内容が多い検診になります。

ほとんどの子がオムツが外れる時期で一人で靴を履き、階段も片足ずつ下りたり、登ったりすることができます。

また鉛筆をもつと紙に○を書くことができる様になるので検診では絵を描かせる内容の検診を行う地域もあります。

この頃の子供は、「魔のイヤイヤ期」を脱している子がほとんどで、だんだんと大人の言う事が分かり、悪い事、良い事の区別が付くようになります。

昔は、「三子の魂百まで」っとこの頃の教育や環境で子供の性格などが決まるといわれていました。

両親や親族の大変な時期は過ぎたものの、この教育などが原因で両親が不仲になってしまうケースもあるので事前に話し合いが必要です。

最近では子供の前で喧嘩している姿を見せることも「虐待」になるので注意と配慮が必要です。

3歳まで大変な検診と予防接種でしたが、ほとんどの地域が3歳児検診以降の検診は無いので3歳で検診は終わりますが、予防接種はまだまだ残っているので忘れず接種を行って下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ